話題のAmazon Freshは本当に使うべきなのか? | IYネットスーパーとの徹底比較

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Amazon

皆さんこんにちは、Kentaroです。

2017年4月21日よりついに日本でもAmazon Freshサービスが開始しました。

アメリカ、イギリスに続いて3カ国目のローンチとのことで、ネット界隈は騒がしくなっています。他にも既存のネットスーパー事業者がいるにも関わらずこの騒ぎよう。Amazonは本当に広報戦略が上手いですね。

今回は一般消費者の目線で、Amazon Freshはどう捉えたら良いのか、徹底的に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
rectangle1




Amazon Freshとは

Amazon Freshのサービス概要を箇条書きにすると次の通りです。

  • 野菜、果物、魚、肉等の生鮮品をメインに取り扱うネットスーパーサービス
  • プライム会員専用サービスで会費はプライム会員費に加えて500円必要
  • 商品点数は合計1万7,000点
  • 6,000円で配送料無料、それ以下は1回500円の配送料がかかる
  • 最短4時間で配送、配送時間帯は2時間おきに朝8時〜午前0時まで設定
  • 現在は港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区でサービス開始

これらの条件を踏まえ、次からは既存ネットスーパー(僕が愛用するIYネットスーパー)との比較を行っていきます。

会員費が高い

Amazon Freshはプライム会員専用サービスですので、Amazon Freshサービスの会員費(月500円)とはまた別にプライム会員の会費(年間3,900円)がかかり、年間合計で9,900円(税込)の会費が発生することになります。

当たり前ですが、イトーヨーカドー(IY)ネットスーパーは会員登録費無料です。既存の事業者の中でも会費を取るネットスーパーサービスは多くありません。

送料が高い

Amazon Freshでは1度の注文で6,000円以上の買い物をしたときは送料無料ですが、それ以下の注文の場合は送料が500円上乗せされます。

IYネットスーパーは4年以内に発行された母子手帳を提示すれば送料は常に100円、また通常時でも324円で5,000円以上の買い物で無料になりますので、この点を考えてもAmazon Freshは高いと言わざるを得ません。

商品点数が少ない

Amazon Freshは1万7,000点の品揃えがあると報道されていますが、この数字だけ見てもそれが多いのか少ないのか分からないですよね。通常のスーパーの商品数が約2万点と言われていますので、それよりも少し少ないイメージです。

IYネットスーパーは商品点数は約3万点ですので、商品の幅という意味でもIYネットスーパーの圧勝です。

配送時間

Amazon Freshでは最短4時間で配送、2時間おきの配送スロットを午前8時〜深夜0時まで選択可能です。

Amazon Freshの特徴を説明するときに、『最短4時間でお届け』が凄い事だというトーンで書かれている記事が多いですが本当にそうでしょうか?

IYネットスーパーも最短4時間お届け、2時間おきスロットでの配送と全く同じ事をやっています。更にAmazonは2時間おきで1日8便の配送時間ですが、IYの場合は30分おきにずらして1日21便の配送を行っていますので更に利便性が高いです。

また、Amazon Freshは再配達不可で受け取れなかった場合にはキャンセル扱いとなるので注意が必要です(IYネットスーパーは当日中は無料で再配達可能)。

唯一、深夜0時まで配送してくれるサービスは中々無いため、寧ろこの点が強みかと思います。

Amazon Freshは誰向けのサービスか

ここまで分析してお分かりかとは思いますが、Amazon Freshは庶民は相手にしてないサービスです。

Amazon Freshのターゲットは、

  • 深夜まで働いており22時以前に帰宅が難しい様な多忙な共働き世帯
  • 普段からスーパーではなく専門店で高級な食材を購入している富裕層

です。要は都心の一部のブルジョワをターゲットにしたサービスなのです。そういう意味で既存のネットスーパーとは差別化を図っています。

Amazon Freshによって生活が変わる人はあまり多くはいないでしょう。

普段スーパーに通っている全ての人にIY等の既存のネットスーパーサービスはオススメ出来ますが、Amazon Freshについては普段スーパーで買い物をしている大多数の市民は現時点ではオススメ出来ません

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事を纏めるとこんな感じです。

  • Amazon Freshが4/21から都内の一部の区でサービス開始
  • 会員費、配送料、商品数、価格等の点で既存のネットスーパーサービスに劣る
  • 但し、魅力的な高級品を取り揃えており、コスパの悪さを気にしない富裕層を狙ったサービスとなっている
  • 一般市民にはIYネットスーパーが引き続きオススメ

ネットスーパーの比較記事はこちらになります。

ネットスーパー大手三社比較 | イトーヨーカドー vs イオン vs 西友
ネットスーパーにはいくつも選択肢がありどれを選んだら良いのか分かりにくいですよね。 日常使いのスーパーを代替できる商品力を備えたネットスーパーを徹底比較してまとめたので、デビュー先を決める前に是非確認してください。

したっけまたねー。