【2017年9月発表】Apple Watch Series 3は買い?FitbitやXiaomiの動向は?

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Crew on Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

最近Apple Watch Series 3をはじめ、ウェアラブル関係のニュースが続いていますね。僕は現在Fitbit Charge2を使用しており満足はしています。しかし、今後の動向次第では他社への乗換を考えたいと思っています。

Fitbit フィットビット フィットネスリストバンド Charge2 心拍 睡眠 VO2max 活動量計 アクティブトラッカー ブラック Lサイズ FB407SBKL-JPNほか家電&カメラ, ウェアラブルデバイス, アクティブトラッカーが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

今回は僕が注目しているウェアラブル端末(Apple Watch、Fitbit、Xiaomi)の最新動向について纏めてみたいと思います。

スポンサーリンク
rectangle1




Apple WatchはLTE搭載しデザインを刷新

Apple Watchについては予てより幾つかの噂が流れていますが、今秋発売のSeries 3の最大の特徴は、以下3点になると思われます。

  1. LTEを搭載すること
  2. デザインを刷新すること
  3. ヘルスケア機能を強化すること

LTEを搭載

今まではiPhoneとセットで持ち運ばなければ通信が何も出来なかったApple Watchですが、次期モデルではSIMを搭載し、単体でインターネットに接続出来る端末になると予想されています。

勿論便利な部分も有るのでしょうが、正直僕は時計に通信機能付ける必要あるの?と思ってしまう懐疑派です。

iPhoneを持ち歩かなくて良いほど優れた音声認識機能で、メールを打ったり検索したり出来るのであれば別ですが、結局iPhoneも合わせて持つのであれば、敢えてApple WatchにSIMを入れて月会費を支払う必要がどこにあるのかと思ってしまいます。

LTEを搭載することで電池の持ちが悪くなる事は間違いないでしょうし、僕にとってはこの特徴はネガティブです。

デザインの刷新

Apple Insiderによれば、Appleは2年おきに製品のデザインを一から見直す開発サイクルを持っている様で、今回のApple Watch Series3ではデザインの前面アップデートが予想されています。

恐らく上記LTEの搭載(SIMカードの搭載)の為にデザインもアップデートする必要があるのでしょうが、どの様なデザインになるのか楽しみですね。今のところデザインに関する情報はリークされていない様ですので楽しみに待ちましょう。

ヘルスケア機能の強化

Apple Watch Series3に搭載されるかは分かりませんが、Appleは現在針を刺さずに血液中のグルコース成分を分析出来る、糖尿病患者に対して非常に魅力的なバンドを開発中と言われています。

その他、より詳細な睡眠分析機能も開発中の様で、今後の発表が非常に楽しみです。僕がウェアラブル端末を使う理由は、①運動記録、②心拍数記録、③睡眠分析ですので、Apple Watchのヘルスケア機能の強化度合いによっては非常に興味を持ちそうです。

但し、Apple WatchはFitbit等の端末に比べてサイズが大きく、バッテリーの持ちも悪いため、正直寝るときにまで付けるのはあまり現実的では無いかと思います。その意味で寝るとき専用の安いバンドをApple Watchが用意したりしてくれればかなり良いですよね。

Fitbitは苦戦

対するFitbitは、高機能化を図るApple Watchと値段が格段に安いXiaomiの間で挟まれ、苦戦しているのが現状です。今秋にはApple Watchに類似したスマートウォッチを発売するとのことですが、正直あまり期待していません。

Fitbitに求めるのはヘルスケア機能

僕がFitbitを使用しているのは、以下の理由からです。

  1. ヘルスケア機能に特化しており、歩数・心拍数・睡眠分析の精度が高い
  2. 最低限の機能のみを搭載しているので軽く、電池の持ちも良い

Fitbitには余計なアプリや通知機能が無く、自分が集中して作業している時に邪魔されることもありません。ただ黙ってヘルスケア関係の情報を取得し、アプリ上で分かりやすく表示してくれるのが最大のメリットだと思っています。

業績は悪化中

Fitbitは業績が悪化してきており、年末のスマートウォッチの発表は社運をかけたプロジェクトである様です。現時点ではGPSや心拍数計、明るい画面を搭載する等の情報に留まっており、特に目新しい機能はありませんが、同社にとって非常に重要な商品になりそうです。

Xiaomiはウェアラブル端末出荷台数で世界一に

対照的に勢いを増しているのはXiaomiです。アメリカの調査会社Strategy Analyticsが発表した調査にて、Xiaomiのウェアラブル端末出荷台数が本年第2四半期(4-6月)で世界一位となった事が分かりました。

Xiaomi Mi Band 2 有機EL液晶搭載,時刻チェック可能 ライトセンシティブ スマートリストバンド 心拍計 Bluetooth4.0 ワイヤレススポーツブレスレット 軽量 IP67防塵防水 活動量計 歩数計 睡眠計 アラーム 連続動作20日間 Android4.4/IOS7.0対応 アプリ ほか家電&カメラ...

兎に角コスパが良い

日本のAmazonでもベストセラーになっていますが、兎に角コスパが良く、スペック上はFitbitと遜色ない機能を搭載しているのにも関わらず、値段が約1/5となっています。笑

アプリを見たところ、集められている情報は本当にFibitと遜色なく、今から機能を限定したフィットネストラッカーを買うのであればXiaomiのMi Bandで良いのでは無いかと思ってしまいいますね。

Fitbitのアプリは非常に完成度が高く、現時点では確かにFitbitの方が使いやすそうですが、5倍の価値があるかというと難しいところで、これがFitbitの苦戦に繋がっているのでしょう。

Mi Band3も開発中

Xiaomiは新製品のMi Band 3を開発されていると噂されています。次期モデルにはNFCとGPSが搭載される様で、これが搭載されて価格が同等の基準に据え置かれ、更にアプリも改善されればFitbitを完全に超える存在になるかも知れません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

簡単に纏めると、高機能・高品質のApple Watchと格安でヘルスケア機能を一通り搭載したXiaomiに今後注目が集まりそう。Fitbitは新製品の出方が社運を分ける。といったところでしょうか。

僕は家族でFitbitを使って、歩数等の情報を共有して使っているので、そう簡単には変えないでしょうが、これから買う人にはApple WatchかXiaomi Mi Bandが有力候補となりそうな予感です。

したっけまたねー