知らなきゃ損する!Facebookアカウントの乗っ取り防止の為に行うべき対策3選

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

先日僕のFacebookアカウントが乗っ取りの被害に遭いましたので、過去2回は、

  1. 乗っ取られた直後にどう対処するか
  2. その後どうやってアカウントを復旧させるか

について記事を書きました。

これまでも僕はランダムに作成した15桁以上の強力なパスワードを使っていましたが、恐らく今回はパスワード以外の部分からアカウントの乗っ取りになった可能が高い事が分かりました。

今後同様の被害に合わないようセキュリティについて徹底的に考え直しましたので、今回は乗っ取り被害を未然に防ぐFacebookのセキュリティ強化方法についてご紹介します。

Facebookは実名を使って使用するメディアです。周りからの信頼を守るためにも、僕の失敗を生かしてこの3点は是非対策する様にしてください

▼Facebookが乗っ取られた場合の対処法(乗っ取り対処編)

Facebookが乗っ取られた場合の対処法(乗っ取り対処編)
Facebookのアカウントが乗っ取られたときに対策について詳細に記載しました。乗っ取りが分かった時には焦りますが、まずは落ち着いてアカウントをロックしましょう。この記事では各種対応について、スクリーンショットを付けながら分かりやすく説明します。

▼Facebookが乗っ取られた場合の対処法(アカウント復旧編)

Facebook乗っ取りからの復旧 | 1週間の壮絶な戦いの記録
Facebookのアカウントが乗っ取られた後、復旧するまでの道筋をスクリーンショットを交えながら完全解説しました。アカウントの乗っ取りにあっても、アカウントにロックを掛けたら後は焦らず落ち着いて対策を考えましょう。
スポンサーリンク
rectangle1




Facebookのセキュリティ対策3選

アカウントの復旧後、セキュリティを強化するために何をすべきか徹底的に調べた結果、以下の3点の対策を行っておけば、基本的に乗っ取りの被害に遭うことは無いだろうという結論になりました。

全て対策するのに5分もかかりません。やり方含めてここで分かりやすく解説するので是非直ぐに対策を講じてください!

ログインアラートを有効に

ログインアラートとは

ログインアラートとは、未確認の機器またはブラウザからアカウントへのログインがあった時にアラートを受け取れる機能です。

万が一パスワードが流出して、悪意を持った第三者がログインを試みた際、自分のFacebook並びにメールでアラートを受け取る事が出来ます。

たとえアカウントを乗っ取られたとしても、乗っ取りに気付くまでの時間が短縮できるので、絶対有効にしましょう。

設定方法

1. スマホのFacebookアプリの右下の三本線をタップします。

2.『設定』をタップします。

3.『アカウント設定』をタップします。

4.『セキュリティ』をタップします

5.『ログインアラート』をタップします

6.『お知らせ』と『メール』それぞれがオンになる様にそれぞれタップして設定します。

ログイン承認(2段階認証)を設定

ログイン認証とは

『ログイン認証』とはいわゆる『2段階認証』のことで、これを設定しておけば乗っ取られるリスクはほぼゼロになります。

2段階認証をオンにすると、例えば新しいPCからFacebookにログインするときにこれまでパスワードの入力だけでログイン出来ていたものが、2段階目の認証、具体的には、自分のスマホのFacebookアプリ内で表示される数字を入力しなければログイン出来なくなります

表示される数字は30秒ごとに更新され、予め設定した自分のスマホでなければそもそも表示できないので、実質Facebookを乗っ取るために僕のスマホも盗み、指紋認証も突破する必要があり事実上乗っ取りは不可能と言えます。

ログイン認証の設定方法

1.先程の『セキュリティ設定』から今度は『ログインオン』をタップ。

2.設定画面が表示されますので『設定をスタート』をタップ

3.電話番号を登録していない場合は電話番号の登録画面が出ますので入力。その後送られてくるSMS内の6桁の数字を入力して、『確認』をタップ

4.『いいえ、今すぐコード入力を要求します』にチェックを入れると直ぐにセキュリティレベルを上げられます。特段難しいことは無いので直ぐに有効にしてしまいましょう。

これで設定は完了です。

2段階認証の使い方

設定が完了したら試しにPC等の他の端末でログインしてみましょう。

1.ログインをしようとすると自分のスマホに以下のメッセージが届きます。

2.上のメッセージをタップ、またはFacebookアプリから右下の三本線をタップして『コードジェネレータ』をタップします

3.セキュリティコードが表示されるので、この番号をログインしようとしているブラウザで入力します。30秒ごとに新しいパスワードに切り替わりますので、残り時間が少ないときは少し待ちましょう。(でないと入力している最中に期限切れになってしまいます)

スマホを紛失したときのために

このままだとスマホを紛失してしまった時、他のブラウザを登録していなければログイン出来なくなってしまう可能性があります。

そんな時の為に、1回だけ使ってログイン出来るパスワード(ログイン認証コード)を発行して安全な場所に保管しておきましょう。設定は簡単です。

1.先程の『セキュリティ設定』から『ログイン認証コード』をタップ

2.するとコードが10件表示されるので、これをメモまたはスクリーンショットを撮って補完しましょう。

信頼出来る連絡先を設定

信頼出来る連絡先とは

Facebookのパスワードを忘れてしまったとき、友達の中から3人を選択して、3人が本物の僕がパスワードを忘れてしまったのだと承認すればパスワードをリセットできるという機能があります。

この機能を悪用して、3人分のダミーアカウントを登録し、Facebookアカウントを乗っ取るという手法があるため、事前に信頼出来る友達を3人指定しておくことが安心です。(指定しないと任意の3人を選択できてしまうため)

そもそもあまり面識のない人の友達申請を許可すべきでは無いという気はしますが。。。

設定方法

1.セキュリティ設定画面から、『信頼出来る連絡先』をタップ

2.説明書きが出ますので『次へ』をタップ。

次の画面で友達を選択出来ます。

友達を選択すると、その人には信頼できる連絡先として登録された旨の通知が行きます。

これで登録は完了です。悪意を持った人がパスワードを再設定しようとしても、今回指定した人を全員騙さなければアカウント乗っ取りは出来なくなりました。

定期的に異常が無いか確認

ここまでで乗っ取り対策は万全ですが、自分のアカウントに異常が無いか定期的に確認する事が大切です。

認証済み機器の確認

認証済み機器とは2段階認証が不要の登録済みの機器のリストです。この中に不審なものが含まれていると何者かがアカウントにログインしている事になるので直ぐにログアウトしましょう。

1.セキュリティ設定から『認証済みの機器』をタップ

2.もしここに不審な機器が登録されていた場合は、右にある×ボタンをタップして登録を直ちに解除しましょう。

ログインの場所

ログインの場所を見れば、現在進行中並びに最近アクセスがあった場所並びに機器情報が表示されますので、不審なログインが無いか確認しましょう。

1.セキュリティ設定から『ログインの場所』をタップ

2.進行中のセッション内容を確認し、不審なものがあれば×ボタンを押してセッションを終了します。

定期的なパスワード変更

最後に、言わずもがなですが、定期的にパスワードを変更することは重要です。

とはいえ、上の対策を施しておけば殆ど乗っ取りは不可能に近いので、そこまで頻繁にパスワードを変更する必要は無いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると、Facebookのセキュリティを向上させるためには、以下の3点の対策を今すぐに行いましょう。(5分で出来ます)

  1. ログインアラート設定
  2. ログイン承認(2段階認証)設定
  3. 信頼出来る連絡先設定

Facebookの乗っ取りに合う時、悪いのは当然悪事を働いた犯人ですが、乗っ取られたあなたも周りからしっかり自分のセキュリティを管理出来ていない人として見られてしまいます

アカウント乗っ取りを未然に防ぐための対策は僅か5分で出来ますので、是非皆さん直ぐに対策を講じてみてください。設定してしまえば日常使うときに何ら不便は無いですよ。

しっかりセキュリティ設定をして安全なFacebook生活を楽しみましょう!

したっけまたねー。