Fitbit アプリ更新 | 更に強化された睡眠分析がスゴかった

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

僕は2016年にFitbit Charge2を購入、現在も愛用していますが、2017年4月にFitbit Charge2のアプリケーションにメジャーアップデートがあり、睡眠分析機能が大幅に強化されたので、今回はそのレビューをしていきます。

Amazon.co.jp: Fitbit フィットビット 心拍計 フィットネスリストバンド Charge2 心拍 睡眠 VO2max 健康管理 活動量計 アクティブトラッカー Blue ブルー Lサイズ 【日本正規品】 FB407SBUL-JPN: 家電・カメラ

Fitbit Charge2の過去のレビュー記事はこちらからどうぞ!

【Fitbit Charge2】リストバンド型活動量計Fitbitで健康生活始めました!
リストバンド型活動量計Fitbit Charge2を半年間使用後レビューします。興味があるが一歩踏み出せない方、是非読んでみて下さい。Fitbitで運動量・睡眠・心拍数を中心にあなたの生活が見える化出来ます。
【Fitbit Charge2】6ヶ月使って良かった点、悪かった点を大公開!
Fitbit Charge2を使用し始めて6ヶ月が経ったので良かった点、悪かった点をレビューします。これからFitbitを購入しようと悩んでいる方、是非参考にしてみてください。Fitbitを使って皆で健康になりましょう!
スポンサーリンク
rectangle1




何が変わったのか

今回のアップデートでは睡眠分析機能がかなり強化されています。

簡単に説明すると、今まで睡眠分析は「眠っている時間」「寝返りをうっている時間」「起きている時間」というあくまでユーザーの動きを直に評価しただけの分析だったものが、今回は「浅い睡眠」「深い睡眠」「レム睡眠」という更に一段の分析が加わったものになっています。

僕が愛用するFibit Charge2に唯一足りないものがあるとすれば、より詳細な睡眠分析だといつも思っていたので、遂にその機能が実装されとても嬉しいです。

実際に使ってみた

スマホとCharge2のアプリの更新方法は後程説明しますが、最新のアプリを開くと以下の様に睡眠分析のボックスが今までと違う感じになっています。

新しい睡眠分析の特徴は、

  1. 「レム睡眠」「浅い睡眠」「深い睡眠」の3種類の睡眠分析が可能。
  2. その日の睡眠状態を「過去30日間の自分の睡眠データの平均」また「同年代の人の平均睡眠データ」と比較して表示出来る。

の2点です。

より詳細な睡眠分析

ホーム画面から睡眠分析のボックスをタップすると以下の画面となり、睡眠中いつどの睡眠状態だったかが一目瞭然になっています。

それぞれの睡眠がどの様なタイプの睡眠なのかについてはFitbitの公式ページに分かりやすく纏められていたのでこちらに引用しておきます。

浅い睡眠: こころと身体の回復を促し、身体が落ち着きリラックスする毎晩の睡眠導入部分に当たります。
深い睡眠: 身体の回復、記憶や学習を促し、通常は就寝後の数時間でこの段階になります。
レム睡眠(急速眼球運動): 鮮明な夢に関連する段階のレム睡眠は、気分の調整、学習や記憶の定着に重要であることがわかっています。

Fibitサイトより引用

これによると「通常数時間で深い睡眠となる」と書かれていますが、僕の場合は入眠後直ちに深い睡眠に入っていることが分かります。いつも一瞬で寝落ちしてその後滅多に起きないのはこういうことだったんでしょうか。笑

僕がベッドに入ってから直ぐに眠れるのは、寝る前にしっかり入眠に向けた準備を進めているからではありますが、改めてこの様に「見える化」されるとよく分かりますね。

夜眠れない人に送る 僕が現在実践中の寝付きが良くなる方法5選
夜布団に入って中々寝付けないのは本当に辛いですよね。そうならない様にするためには、布団に入る前に「睡眠」に向けて心身の準備をしていくことが大切です。この記事では僕が実際に現在実践している、よりよい睡眠を取るための方法5つをご紹介します。

過去30日平均・他ユーザーとの比較

新しいアプリではそれぞれの睡眠タイプ+目覚めた状態が何時間あったかが分析され、先程のグラフの下に以下の様に表示されます。

正直「自分の当日のレム睡眠が何時間」と言われても「それで?」という感じになりますが、それを見越してアプリでは「30日間の平均」と「ベンチマーク」と比較することが出来ます

僕はまだアプリを更新して間もなく平均が正しく表示出来ないため、ベンチマークとの比較をお見せしますね。次をご覧下さい。

これを見ると、今日の僕の睡眠は目覚めている時間が平均以下でぐっすり眠ったけれども、深い睡眠は短かめで、その分レム睡眠が多い、浅い睡眠の時間は平均的、という事が分かってきます。

更に、深い睡眠は「疲労を回復させ記憶を定着させる睡眠」という事ですので、それが短いという事は「確かに今日は体の疲れが少し残っているな」という感覚と整合しており、であれば深い睡眠を長く得るために「夜のストレッチを入念にやってみよう」とか「整体に行こうかな」とか対策まで考える事が出来ますよね。

勿論、人間の睡眠には謎の部分も多いため、これで全てを分析できるとは全く思っていませんが、自分という人間の生活サイクルを理解する上で、1つ深いレベルの分析になる事は間違いないと思います。

アップデート方法

まずはFitbitのスマホアプリを最新にしよう

iPhoneであればApp Storeをタップ、一番右にあるアップデートタブをタップし、更新があれば右上に「全てアップデート」ボタンが出てくるので、現時点で最新になっていないアプリを更新しましょう。

アプリを開くとUpdateがある旨の通知がある

あなたのCharge2のソフトウェアバージョンが最新になっていない場合、スマホでFitbitアプリを開くと以下の様に「アップデート利用可能」という文字と赤い下矢印が表示されます。これが表示されれば「最新のソフトに更新できるよ」という合図なわけです。

最新のソフトの配布自体は4月上旬から行っている様ですが、ユーザー全員に一気に配布されるわけでは無く、順番に更新が配布されていますので、まだ来ていない方は順番を待ちましょう。

インストール方法

まず先程の「アップデート利用可能」という文字がホーム画面で見られたら、右下の「アカウント」タブをタップ。

以下の画面になりますので、自分のトラッカーをタップします。

すると自分のトラッカーのバージョンと、アップデートが利用可能な場合は「トラッカーのアップデート」というボタンが表示されますので、こちらをタップします。

後は流れに従って次へを押していけばソフトウェア更新が開始され、トラッカーが再起動し、その後更新が完了します。

最新のCharge2のソフトウェアバージョン

最新のCharge2のソフトウェアバージョン(2017年4月現在)は22.53.4です。自分のトラッカーのバージョンを確認してその番号より小さい場合には更新を利用できます。

但し、先程書いたとおり、すぐに全員がアップデート出来るわけでは無いので、まだ連絡が来ていない方は定期的に確認する様にしてください。

注意点

ソフトウェアアップデートを実施してからすぐに新しい睡眠分析が実施出来る訳では無い点注意が必要です。

恐らくFitbit側で情報を収集して、他のユーザーのアップデート状況も見ながら順次サービスを拡大しているのだと思いますが、僕の場合はソフトウェアアップデートを行ってから、実際に新しい睡眠分析の機能が使える様になるまでに2週間ほどかかりました

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のアップデートでFitbitを購入する魅力が更に高まりましたね。購入後もソフトウェアアップデートで新しい機能が使えるようになるのが本当に有り難いし、新しいトラッカーを買った様な気分でワクワクしますよね。

またこのタイミングで合わせて新しくFitbit Alta HRが発売されています。Charge2よりも小さいのにも関わらず、心拍数分析、睡眠分析を同様に行えるため、これから購入を検討される方には最もオススメのトラッカーです。

今回の記事を纏めるとこんな感じです。

  • Fitbit Charge2のソフトウェアアップデートが2017年4月より開始。
  • 新しいソフトウェアでは睡眠分析機能が強化。レム睡眠、深い睡眠、浅い睡眠の3パターンについて分析された結果を見ることが出来る。
  • アップデートは徐々に利用可能になるため、まだ連絡が来ていないユーザーは少し待つ必要がある。

したっけまたねー