【男の身だしなみ】僕の化粧品戦略 | 化粧水&乳液編

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

僕は今まで全く化粧品に全く興味が無かったのですが、30歳を超えてから化粧品をキチンと選ぶようになりました。

10年前は『化粧品なんて付ける意味あるの?』『女の子がお化粧の一環で付けるものでしょ』と思っていて全く見向きもしていませんでしたが、今ならはっきりと言えます。

スキンケアに男性も女性も関係無く、男性も自分の肌と向き合ってシッカリケアしていくべきです。

ということで、今回は僕の化粧品戦略についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
rectangle1




一歩目:先ずは風呂上がりに化粧水を付けよう

僕は5年ほど前から化粧水だけは付けていたのですが、当時は『化粧品の事なんでよく分からないし、取り敢えずAmazonで1位の化粧水買ってジャブジャブ付けておけば間違えないだろう』と思って『ハトムギ化粧水』を使っていました。

少なくとも1歩目を踏み出したという事で意味はあったと思いますが、当時は自分の肌に何が合っているとか正直あまり考えていませんでした。

ナチュリエ スキンコンディショナー 500mlが化粧水ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

数年使ってようやく気付きましたが、僕は結構敏感肌なんですよね。ハトムギ化粧水はとても良かったですが、それ以外に使ったことが無かったので少し旅をしてみようと思ったという事と、あるとき突然ニキビが出来て肌荒れが酷くなった時期があり、何とか改善したいと思って敏感肌化粧品の代名詞『キュレル』を使い始めました。

キュレル 化粧水 I (ややしっとり) 150mlが化粧水ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

因みにその時に肌荒れを改善すべくボディーソープからシャンプー、リンスまで全てキュレルに統一してました。笑

その甲斐あり(?)徐々に肌荒れは直っていきました。この一件で「自分は敏感肌用の製品を使わなければ合わない」という事に気付きました。

それまで女性向けの製品が購入しにくくて『メンズ○○』の様な洗顔料を使っていたんですが、強すぎて肌が負けてしまっていたんですね。当たり前ですが、メンズ専用の化粧品が全ての男性に合っているわけではありません

二歩目:化粧品の後に乳液を付けよう

キュレル派になった時、今まで敬遠してきた乳液に手を出しました。

僕が何故乳液がきらいだったかというと、乳液はベタベタするイメージがあったからでした。特に小さい頃実家にあった化粧品・乳液が結構しっとり系のものでそれでベタベタして嫌だという印象を持ってしまったのかも知れません。

Amazon.co.jp: キュレル 乳液 120ml: ビューティー

簡単に説明しておくと、化粧品は風呂上がりに肌が乾燥する前に付けて肌の状態を整えるものですので、そのままでは角質はどんどん乾燥していってしまいます。

化粧品で折角整えた肌を維持していくためには乳液を使うことが必須になります。良い状態の肌を『上から蓋をする』為に乳液を使うのだと覚えて置いてください。

乳液を使うようになってから僕の肌の状態は大きく改善しました。今まではたまにニキビが出来ていたりしたのが、滅多に出来なくなりましたし、今までは風呂上がりに化粧水を塗っても少ししたら肌が突っ張ってしまっていたのですが、肌の突っ張りを感じる事が殆ど無くなりました。

三歩目:自分にあった化粧水を探そう

現在もボディーソープ等はキュレルのものを使っていますが、化粧品についてはキュレルを卒業しました。

理由は親戚に資生堂で働いている人がいて、アドバイスを貰ったところまんまと資生堂の戦略に乗せられたからです。

というのは半分嘘ですが、今は資生堂のdシリーズのⅡを使用しています。

d プログラム バランスケア ローション W 2 (しっとり) (薬用化粧水) 125mL 【医薬部外品】がビューティーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

キュレルに比べて少し高いですが僕ももう32歳、化粧品も少し良いものを使っていかないと肌は維持していけないと思い、思い切って試しに使ってみたところ、明らかに肌の状態が前より良くなったので止められなくなりました。笑

感覚の話なので説明が難しいですが、dシリーズは付けた後凄くナチュラルな感じがして、異物を付けている感じが全然しません。また肌荒れも殆どなくなり、僕自身完璧な肌を求めているわけでは無いので、これを使い始めてから自分の中で求めている水準に達した感がありました。

上級編:化粧品はコットンで付けよう

最後に化粧品の付け方ですが、世の中には①コットンを使う、②手でつける、の2流派があると思います。

これは賛否両論あると思いますが、僕は最近試しに妻のコットンで化粧水と乳液を付けてみて、コットンを使う方がメリットがあると思っています。我が家は資生堂のビューティーアップコットンを使っています。

資生堂 ビューティーアップコットン F 108枚入がビューティーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

メリットデメリットを整理するとこんな所でしょうか。

メリット:均一に化粧水を塗れる、多くの化粧水が顔に付けられる(手で塗ると多くが手にしみこんでしまう)、清潔
デメリット:手で触らないので肌の状態が分からない、コットンのコストがかかる

但し、大切なのは化粧水と乳液をしっかり毎日付ける事であって、コットンを使うかどうかは二の次なので、男性でコットンを使うことに抵抗がある人は手でつけて頂いて良いと思います。

ただずっと手で化粧水を付けてきた僕としては、コットンにしてから、顔に付けられる化粧品の量が多くなった(手に取られなくなった)と感じますし、塗り残し無く均一にぬれている実感があるので是非一度試してみてください。

終わりに

いかがだったでしょうか。

今まで化粧水なんて付けたこと無い、という人もいるかも知れませんが、是非これを機会に快適化粧品生活始めて見てください。明らかに違いを感じるようになりますよ。オススメです。

それではまた。