【無料家計簿】Money Forwardの利用法 応用編

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

皆さんこんにちは、Kentaroです。

これまで全3回に亘ってMoney Forwardを使う意義、基本的な使い方、スマホアプリの使い方を解説してきました。(もしまだお読みで無い方は是非、以下リンク先から見てみてください。)

 1. 最強の資産管理ツールMoney Forward

2. Money Forwardの利用法 初級編

3. Money Forwardの利用法 スマホ編

そして今回は最終回、この内容をマスターすればMoney Forwardは一通り使いこなせると言って良いでしょう!

スポンサーリンク
rectangle1




財布機能の使い方

僕がMoney Forwardを使って最後まであまりイメージがわかなかったのがこの『財布』機能です。

先ず始めに断っておくと、財布機能は別に使わなくとも、自分の資産状況は把握出来ます。Money Forwardを使う理由である、①資産状況の把握、②自動で家計簿を付ける、の2点の内1点目に重きを置く方は敢えてここまでする必要はありません。

家計簿を付け始めてその完成度をより高めたい、という向上心のある方(または財布機能が無いと現金支払いが多い人に取っては家計簿が歯抜けになると懸念される方)には是非使って頂きたい機能です。

仮に全ての支払がクレジットカードで済んだとしたら、この財布機能を使う必要性は全くありません。

さて、前置きが長くなりましたが、財布機能は自分の財布を1つの口座に例えて他の銀行口座と並べて登録する機能だとご理解ください。

初めに普段ATMでお金を下ろす時の銀行口座と紐付けて設定すると、例えばあなたがATMで口座からお金を下ろして財布に入れたとき、Money Forward上では銀行口座の金額が減少し、その分あなたの財布の金額が増加されることになります。(Money Forwardはこの点でも非常に優秀です)

また、あなたが昼食代金1,000円を現金で支払った際、Money Forwardのアプリを起動して自分の財布から「食費」として1,000円出金したと入力すると、財布の残高が1,000円減少し、食費として1,000円分が計上されることになります。

この様にあくまで自分の数ある口座の内の1つとして『財布』を登録し、現金で財布から支払った際にはその分を手動で入力することで、より家計簿が完璧に近づくわけです。(財布機能がなければ、現金で支払った部分にに就いては家計簿で補足できないことになります)

登録は至って簡単です。下の図の通り、『口座』⇒『金融機関追加』⇒『財布(現金管理)』から追加出来ます。

現在の残高、また連携する銀行口座(どの口座からお金を下ろしたときにこの財布に入れるか)を登録すれば完了です。

僕は1週間に1回、自分の口座の中身がMoney Forward上の『財布』の残高と等しいか確認する事にしています。

忙しいとき、ついつい会計後にMoney Forwardアプリでの登録を忘れてしまったりする事があるので、忘れないうちに修正します。どうしても思い出せないことがあれば、雑費として計上し、なんとなく悔しい気持ちを噛みしめながらフレッシュに新しい1週間を始めています。笑

手動での資産・負債追加

Money Forwardに対応のサービスが増えてきたため、手動で入力する項目は殆ど無くなってきたとは言え、まだ幾つか存在しているのが現状です。

私の場合、支払っている保険金の解約返戻金と学生時代借りていた奨学金がそれにあたります。

一刻も早くサービスを対応させて欲しいと思う一方、折角Money Forwardが完璧な資産台帳を作ってくれているので、そこに自分の全資産を纏めて見える化したいとの思いが強く、これらは毎月手動で入力をしています。

そこまでやるかは、人それぞれですが、手動で入力する場合も非常に簡単なステップで入力できます。

上の画像の通り、『資産』⇒『資産内訳』または『負債』の『手入力で資産(負債)を追加』をクリックします。

すると以下の様に資産(負債)の種類、任意の名称、価値等々を記入する欄が出て来て、資産(負債)の手入力が可能になります。手入力の資産(負債)も自動取付の資産(負債)と同様にグラフの中に入ってきますので、これにより、たとえMoney Forwardに対応していない資産があったとしても、無事に全ての資産を入力できました。

マンスリーレポート

ここまで読んで頂いた皆様、大変お疲れ様でした。ここまで来れば自分の資産の推移や家計簿データを最低限の労力で全て捕捉出来ており、あとはそれを踏まえて分析、対応策を考えるのみです。

Money Forwardでは毎月が終わるとマンスリーレポートが発行され、この1ヶ月で各資産残高がどう増減したか、その月の各カテゴリーの支出は前月・前年同月と比較してどうだったか、等々の情報を纏めたレポートが発行されます。

このレポートを得るためにここまで各口座の登録をしてきたのだと言えるほどクオリティの高い資料となっており、この内容を見れば今の自分の家計の課題は何なのか、将来的にはどの様にしていきたいか、長い目で考え、そしてパートナーと議論することが可能になります。

参考まで幾つか資料を提示させて頂きます。

↓は家計簿データを元に作成した収支のバランスが過去1年間でどうなっているかを示したグラフ。

↓は自分の各資産が前月対比でどの様に増加したか、またグラフで過去1年間の資産推移を表したグラフ。

↓は家計簿データを元に前月対比・前年同月対比・予算対比で各カテゴリーの費用がどう変化したかを示したグラフです。

最後に

最後まで読んで頂き有り難う御座いました。

Money Forwardは自分が過去出会ったサービスの中でも1,2を争う完成度のアプリで、自分の金銭感覚を矯正してくれた点で(寧ろ今は人より意識が高いです笑)とても感謝しています。

是非この体験を皆さんにも味わって貰いたくてこの記事を書きました。

お金はある程度稼いでいるはずなのに何故手元にお金が残らないか分からない人、そもそも今自分の資産状況が分からない人、まだ遅くはありません。是非Money Forwardを使って1歩目を踏み出してください。

金融のあり方がどんどん変化していく中、どんどん形を変える自分の資産状況を追い続け、適切なリスクを取って満足のいくリターンを得ていくためには絶対に必要なツールだと信じています。