僕が麻布テーラーのシャツセールに行かない理由

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

本日2ヶ月ぶりの投稿をしました。今後は定期的に記事を投稿していきたいと思いますので、末長く付き合い頂けますと嬉しいです。

今回はセールに行きませんでした

先ず、スーツ、シャツをどこで買っても満足感が無かった僕ですが、麻布テーラーに一度行ってからは全てのスーツを麻布テーラーで作ろうと決意したほど気に入っています。

麻布テーラーで初心者が恥をかかない為のポイント6選【オーダーシャツフェア】
皆さんこんにちは、Kentaroです。 今までずっと既製品のワイシャツで失敗を繰り返してきたシャツ難民の僕ですが、昨年麻布テーラーで初めてパターンオーダーシャツを作ったところドン...

しかし、先日終了したワイシャツセール(2017年7月)には行きませんでした。ワイシャツの数が増えてきたと言うこともありますが、理由は3つあります。

生地を探すのが大変

麻布テーラーのワイシャツセールでは、店の中に生地が所狭しと並んでおり、どこにどの生地があるのか全く体系立てて管理されていません。

イメージとしてはバーゲンセールで掘り出し物を見つける感覚に似ているかも知れません。今回見つかった生地を次回注文するのも大変ですし、正直生地の種類だけ見て違いがそこまで分からないよというのが感想です。

形状記憶の生地がセール対象外

僕はクリーニング代の節約のため、家でアイロンを掛けて(もらって)いる関係上、形状記憶ではないワイシャツは正直アイロン掛けるのが大変すぎて、妻に頼めません。

形状記憶のワイシャツであれば家で自分でアイロンを掛けても一日パリッとしていますが、形状記憶で無いシャツは例えアイロンを掛けても直ぐにシワっとなってしまいます。

今回セール前に店に電話して、形状記憶の生地がセール対象なのか確認したところ、「対象外」との回答を頂きました。

毎回クリーニングに出している人には関係無いのかも知れませんが、僕の場合はそれだけでもセールに行かない理由になりました。

店が混雑しすぎている

普段の麻布テーラーにしてみるとお得なセールである事もあり、セール期間中は朝から晩までひっきりなしに人が出入りして、店員さんとゆっくり会話しながらシャツを作っていくといった雰囲気では全くありません。

麻布テーラーの魅力は、熟練された店員さんに相談しながら服を作れる事だと思っていますので、自分で生地を持っていって、後は前回と同じデザインでお願いします、と一言言うだけであれば、正直麻布テーラーで作る意味って何なんだろう?と思います。

仕立てや生地のクオリティが良いというのがあるのかも知れませんが、注文のプロセスだけ考えると、KEIの様なネットで注文できるものと大して変わらないよね。。。と思います。

ワイシャツはKEIに期待

先日ワイシャツをネットで注文できるスタートアップKEIの紹介をさせて頂きました。

気付いたら家から一歩も出ずにオーダーシャツを注文できる時代だった
Photo by Unsplash 皆さんこんにちは、Kentaroです。 これまで麻布テーラーで一筋でワイシャツを作ってきましたが、ある程度自分好みのデザイン・サイズが分かってきた所で、...

KEIからは先日以下のメールを受領し、注文数が激増したため納期が遅れているとのことですので、まだ商品を受け取れていない状況です。

商品が配送されて、そのクオリティがどうかというところはこれから確認しなければなりませんが、クオリティが許容範囲であればこれからはKEIをメインにワイシャツを作っていきたいと思っています。

そろそろ配送される予定ですので、到着し次第レビューをさせて頂きます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

麻布テーラー自体は非常に気に入っているのですが、シャツセールは僕には少し合わないなと思った次第です。

形状記憶のシャツである必要が無くて(毎回クリーニング)、掘り出し物的に生地を探したいと思っている人にはうってつけのセールですので、是非次回(来年1月)にご期待ください。

したっけまたねー

コメント