麻布テーラーで初心者が恥をかかない為のポイント6選【オーダーシャツフェア】

柴犬のはなちゃん
入社したての新人と30代って何かシャツの着方が違うように見えるんだよなぁ。金かけてるのかなぁ。
キリンのぷーちゃん
確かにシャツって値段ピンキリらしいですよ。我々には関係無いですが
柴犬のはなちゃん
でも逆に分不相応な高級シャツ着てるのも「そういう時代じゃ無いよ」って感じだよね
キリンのぷーちゃん
そういや、Kentaroがこの前安くて良いオーダーシャツが作れたって喜んでましたよ
柴犬のはなちゃん
確かにコスパの良いオーダーシャツって今風だよね。Kentaroも話したそうだし仕方ないから聞いてやるか

 

皆さんこんにちは、Kentaroです。

今までずっと既製品のワイシャツで失敗を繰り返してきたシャツ難民の僕ですが、昨年麻布テーラーで初めてパターンオーダーシャツを作ったところドンピシャで、それから麻布テーラーのシャツをメインで使っています。

慣れてくると勝手が分かってくるものの、初めてオーダーシャツを作る方は「自分、お洒落上級者じゃないんだけど、普通は何を選ぶのが正解なの?」という質問が何度もしたくなると思いますので、この記事では麻布テーラーでオーダーする際に失敗しない為に気をつけるべき点を書いていきたいと思います。

パターンオーダーシャツフェアとは

Azabu Tailor公式HPより引用

麻布テーラーは毎年1月上旬と7月上旬にパターンオーダーシャツフェアというセールを行います。

このセールの特徴は、2着で16,000円(1着8,000円)というオーダーシャツとしては低価格でありながら、セール用の生地ではなく普段は1万円以上する生地が含まれているところにあります。

因みに普段麻布テーラーは普段は7,000円〜オーダーシャツを作る事が出来ますので、パターンオーダーシャツフェアは「安いセール」というよりも「お得なセール」という意味合いが強いです。

パターンオーダーシャツフェア『麻布テーラー』
麻布テーラーでは、2017/7/1〜2017/7/18まで、パターンオーダーシャツフェアを開催いたします。パターンオーダーシャツが2枚で16,000円(+税)からお仕立ていただけます。ぜひこの機会に、麻布テーラーのオーダーシャツを体感して下さい。

オーダーの手順

生地を選ぶ

セール中に店舗に行くと、以下の画像の様な大量の生地が店内に所狭しと並べられていますので、まずその中から自分のお気に入りの生地を2本選びます。

Azabu Tailor公式HPより引用

本当に何百種類もあるので選ぶのがとても大変ですし、置いてあるのはあくまで生地なので、シャツにしたときにどんな風になるのか自分の頭の中でイメージしながら選ぶ事が大切です。

因みにセール以外の時は、生地が貼り付けてある本を渡されて生地を選ぶので、生地のサンプルのサイズがとても小さく、シャツになった時のイメージが本当に付きにくいです。

一方、セールの時は実際にシャツを作るのに使う布が置かれていますので、布を手のひらで触って確認する事が出来、シャツの完成イメージが付きやすいという利点もあります。

襟、袖、ボタン、ポケット、前たて等のデザインを選ぶ

まずシャツにこんなに種類があったのかと驚くかと思いますが、何と襟46種類、袖13種類、ポケット16種類、ボタン28種類も用意されています。初心者がいきなり行って戸惑うのも無理も無い。笑

Azabu Tailor公式HPより引用

セール期間外の午前中の空いている時だとゆっくり店員さんと話すことが出来ますが、セール期間中は如何せん混雑しており、店員さんも忙しそう。全てについて聞くことは現実的で無いので事前学習していくとスマートです。

僕は襟とカッタウェイ、袖はカットオフ、ポケットは無し、ボタンは普通の白ボタン、仕立ては裏前立てを選択しました。

採寸する

デザインを決めた後、採寸となります。

あちこちを採寸しますが、店員さんはプロですので、言われた通りにすれば自分好みのデザインのシャツが自分にジャストサイズで採寸されて仕上がってきます。

ここは安心して任せつつ自分の好み(フィット感がある方が好き、首元は余裕を持たせて、等々)

初心者にオススメの振る舞い方6選

初心者である事を打ち明ける

麻布テーラーは良くも悪くも『男のサロン』といった感じで(自分がビビっていただけかも知れませんが)最初に行ったは「少しは分かってるんだろうな」という威圧感を感じました。

意を決して「何も知らない初心者なんです(震え声)」と打ち明けたら、店員さんが色々丁寧に教えてくれたので、初心者の方は偉ぶらずに初めてオーダーシャツを作ることを言った方が良いです。

一般的なデザインが何かを確認(最初は無難なデザインに)

先程説明したとおり、それぞれのパーツ毎に非常に沢山のデザインが用意されています。僕は何も知らない状態で行ったので、そもそも今自分が着ているシャツがどんなデザインだったかすら思い出せず、それ以前にシャツにそんなに色んな種類があったことに驚いてしまいました。

確かにオーダーシャツで無ければ中々実現できない突飛なデザインを試せることも麻布テーラーでオーダーシャツを作るメリットかもしれませんが、上質な生地を使って自分にジャストサイズのシャツを作る事に最大の価値があると思いますので、デザインについては最初は無難な物にするべきです。

変わったデザインのシャツって結局すぐ着なくなるじゃないですか。折角上質な生地でシャツを作るのであれば、まずは長く着られる飽きの来ないベーシックなデザインにした方が良いと思います。「一般的なデザインって何ですかね」と聞きながら進めていきましょう。

違いが分からない時は「どんな印象を与えますか?」と聞く

初めてオーダーシャツを作るときに、それぞれのパーツの違いが正直よく分かりませんでしたので店員さんに「このデザインはどんな感じの印象ですかね?」と質問してみたところ、「引き締まった印象」「やさしい印象」等のコメントが貰えて、完成品のイメージがよく掴めました

違いについて質問すると「ベーシックなデザインはこれ、でも最近は結構これが流行っていてオススメですよ」といった事を店員さんが提案してくれるので、「それぞれどんな感じの印象になりますか?」と聞いてみましょう

2種類違うデザインを試してみよう

麻布テーラーのオーダーシャツセールは2着セットのセールですので、2着とも同じにするのではなく、違うデザインを試してみましょう。

例えば僕はボタンダウンのシャツを作ろうと思って麻布テーラーに行ったところ、店員さんに「カッタウェイ」という襟デザインも最近流行ですよ、と言われた為、一枚はボタンダウン、もう一枚はカッタウェイにしました。

結局クールビズスタイルではカッタウェイが形が崩れず綺麗に見える事が分かり、今は殆どカッタウェイの方を着ています。こんな新しい発見をする事も出来ますので、折角の機会、是非違うデザインを試してみてください

納品は70日後、季節を意識しよう

セール時は納期が通常よりも長く70日となっています。70日と言うことは2ヶ月以上先になりますので、季節が1つ先となっていると考えましょう。

1つ先の季節をイメージしながらシャツのデザインを決めると後から後悔しませんよ。

どんなデザインがあるのか事前に勉強していこう

麻布テーラーの店員さんはプロ意識高く、初心者に対しても非常に丁寧に教えてくれますが、如何せんオーダーシャツは選択肢が多いため、全ての説明を求めることは非現実的です。

襟、袖、仕立て等でどんなカテゴリーがあるのか、大くくりで構わないので勉強していくと初心者ながら満足のいくシャツを作る事が出来るでしょう。僕は最初は知識ゼロで行って後悔したので後から少し勉強しました。

以下のサイトが分かりやすかったので見てみてください。

シャツの選び方|シャツの基礎知識|ワイシャツ専門店 ozie公式サイト オジエ
シャツ選びに役立つ基礎知識。自分にあったシャツを選ぶポイントを「3つの法則」としてまとめました。メーカー直販、高品質・好感度なシャツを色柄種類豊富に販売しています。創業1924年 ドレスシャツ/ワイシャツ/カッターシャツ/Yシャツ・ネクタイ・メンズファッション 通販【ozie】オジエのオフィシャルサイト。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事を纏めるとこんな感じです。

  • 麻布テーラーのパターンオーダーシャツフェアは16,000円で2着のシャツをオーダー出来る年2回のセール。値段以上の良質な生地が選べることが人気の秘密。
  • 初心者でも丁寧に教えてくれるので全く問題無い。初心者である事を伝え、ベーシックなデザインを選ぶのがポイント。
  • 襟や袖のデザインを選ぶ際、それぞれのデザインがどんな印象を与えるのか確認してみると後から失敗の無いデザインが出来る。
  • 事前にある程度シャツの知識を勉強していくとスムーズ。

したっけまたねー