【無料保険有】一眼レフを壊して後から後悔しない為のオススメ保険

Photo by Dino Reichmuth on Unsplash

皆さんこんにちは、SONYα7IIIの発売が待ちきれず、最近カメラ関係の投稿ばかりしているKentaroです。

僕は以前海外旅行先で買ってからまだ1ヶ月しか経っていない一眼レフカメラを落とし、レンズは破損、本体は辛うじて無傷、という状態まで行ってしまったことがあります。

意気揚々と旅行に出た初日に買ったばかりの一眼レフを壊す。本当に悪夢の様な状況でしたが、意図せずして入っていた保険に助けられました。今回は旅行中の保険と普段使いの保険に分けてオススメの保険(無料/有料)をご紹介したいと思います。

クレジットカードの付帯保険

保険に加入していなかったのに海外でカメラを壊してしまった。。。そんな人は先ず自分の持っているクレジットカードに海外旅行中の携行品損害を補償する保険が無いか確認しましょう。

僕は自分で保険に入ったつもりは無かったのですが、幸いにしてクレジットカードに携行品損害保険が付帯されていたので、上記の事故の際は助けられました。

JACCSのREXカードがオススメ

僕はポイント還元率の高さから、REXカードをメインカードにしているのですが、このカードは年会費無料であるのにも関わらず携行品損害保険が付いています。

海外旅行傷害保険|トラベルサービス(海外旅行)|カードサービス|ジャックス
ジャックス 海外旅行傷害保険のご案内です。

年会費無料のクレジットカードを持っているだけで、海外での事故を補償してくれる。そんな上手い話があるのかと思うくらいいい話なので、全国の皆さんは全員このカードを持つべきだと思います。

他にもEPOSカード等、年会費無料で携行品損害保険が付いているカードは幾つかありますが総合力としてはこのREXカードは最強です。

カメラを使うシチュエーションで検討

正直普段からカメラをそこまで持ち出さず、一眼レフを使うのは海外旅行をするときのみ、という様な人はこの無料で付帯される保険だけで十分です。

但し、この場合国内での旅行や普段使いで壊してしまったものは補償の対象外となるので注意が必要です。

JCB/トッピング保険

普段使いの状況でも保険を掛けるためにはどうすべきか、幾つかの保険を比較した結果、JCBがクレジットカード保有者に有料で提供している『トッピング保険』の携行品プランが最強だという結論に至りました。

(公式サイトより引用)

携行品プラン | 新規開設!JCB「トッピング保険」 | JCBカードのおすすめ保険
月々240円の保険料で、国内外を問わず携行する身の回り品について、偶然の事故により生じた損害を新価ベースで補償します。

保険料が安い

先ず何より保険料が月間240円とかなり安いです。

それでいて30万円までの携行品損害を補償してくれ、ハイアマチュア向けまでの一眼レフであれば問題無く補償出来るでしょう。

再調達価格ベースでの補償

携行品損害保険を選ぶ際に初心者が騙されがちなのが、時価ベースでの補償なのか、再調達価格ベースでの補償なのか、という点です。

時価ベースの補償だと、例えば10年前に買った非常に高価なレンズで、現在も当時と同じ値段であるものであっても、時価ベースで評価(時間が経つとものの価値が下がるという前提で計算)すると価値が非常に下がり、補償される金額は雀の涙ほどという様な事態になります。

再調達価格ベースでの補償であれば、「現時点でその商品を再度購入するとして幾らかかるのか」という前提で補償してくれますので、元々持っていた商品をそのまま復元する所まで補償されており安心です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

僕はドジなので今まで幾度となくカメラを壊してしまい、その度に保険に入っていて良かったと思いました。カメラは非常に高価な上に壊れやすい精密機器ですので、悪いことは言いません、転ばぬ先の杖だと思って保険だけはしっかりしておいてください。

したっけまたねー