【必携】一眼レフと一緒に買わないと後から後悔する必携アイテム3選

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Jean-Pierre Brungs on Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

一眼レフ生活楽しんでいますか?

僕は今Canonの70DというAPS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラを使っています。2013年に購入して愛用してきましたが、子供が生まれたのを契機にフルサイズ一眼への移行を検討しており、SONYα7IIIを待っているという状況です。

【2017年11月発売予定】SONY A7IIIを今から待つべき理由
2017年11月に発表が予定されているSONYのフルサイズミラーレス一眼カメラα7IIIの魅力、何故他社製品を買わずにこの製品の発表を待つべきなのかについて書きました。一緒に買いたいレンズ(妄想)も書いています。

そんなα7IIIの発売が待ちきれない僕が、初心者向けに一眼レフと絶対一緒に買っておくべき基本アイテム3選をお送りします。

スポンサーリンク
rectangle1




レンズフィルター&画面カバーはマスト

まずレンズに付けるフィルターと画面カバーはマストです。

レンズフィルターはレンズの径に合わせて購入する

レンズは高価なものになると数十万円以上します。そんな高価なレンズに何かの拍子にレンズに汚れや傷が付着してしまった時のショックは計り知れませんよね。フィルターは数千円で購入出来ますのでどんなに安いレンズでもフィルターはマストと言えるでしょう。

フィルターを付けていれば傷が付いてもフィルターだけを交換すれば良く、安心感が大きいです。

オススメはKenkoのフィルターです。

◆改良版マルチコートを施した、ベーシックなレンズ保護フィルター ◆ケンコーのレンズ保護フィルターとして、ベーシックなラインナップ「MCプロテクター」のコーティングを改良。◆デジタルカメラの撮像素子に最適化されたチューニングとしました。 ◆自然な色再現を実現した、高透過率の両面マルチコートフィルターです。 ◆屋外撮影での...

フィルターには単に傷や汚れを防止するフィルターだけでなく、偏光フィルターの様な写真の写り方に影響を与えるフィルターもありますが、初心者のうちは先ずは普通のガラスフィルターがあればOKです。

画面カバーは機種毎に

画面サイズは機種毎に異なりますので、スマートフォンに画面カバーを貼る要領で機種毎に専用のフィルターを探しましょう。

◆保護フィルムより一回り大きい新剥離シートを採用。◆6箇所の切れ込みのうち、どこからでも剥がして剥離シートをカット出来ます。◆エアーレス加工フィルムの採用により、時間の経過とともに気泡がゼロに。◆貼っている時に入ってしまった気泡は、指で押し出すことができます。 / ■ 仕 様 ■対応機種:キヤノン EOS 80D/70...

レンズペン

次にオススメなのがレンズペンです。「レンズペン」と聞いてもピンとこない人も多いかも知れませんが、要はレンズが汚れたときに拭くためのペン型のアイテムです。

カメラを使っていると誤って指紋を付着させてしまったり、汚れが飛んだりと、レンズやビューファインダーって意外と汚れてしまいます。そういったときにティッシュで拭くのは論外ですが、メガネふきの様な柔らかい布では上手く汚れが落ちないときがあります。

そんなときにレンズペンを使うと汚れがみるみるうちに落ちていくので、とても効率よく気持ちが良いです。レンズのメンテナンスの為に、一眼レフを買ったら是非1つは持っておきたい商品です。一度使ったら手放せません。

◆セーム革製チップ+カーボン粉末(特許)で指紋や皮脂を残さず確実に吸収し、さらに静電気を除去してホコリをつきにくくします。◆3D曲面チップが湾曲したレンズ面にしっかりフィット。◆ヘッドスペア付き。 / ■ 仕 様 ■外寸法(約):長さ112×φ17mm(収納時突起含まず) 重量:約16g 材質:本体:ABSチップ面:セ...

ストラップ

一眼レフは非常に高価かつ精密機器ですので、万が一落としてしまう様な事があればほぼ確実に破損乃至は故障してしまいます。

それを避けるため、ストラップを付けて持っておくのが無難ですが、僕は「CANON」とか「NIKON」とか書いてあるストラップはちょっとダサいと思ってしまい、クオリティの良いストラップが無いか探していたところ、Peak Designというメーカーの商品を見つけ、今愛用しています。

ネックストラップ、スリングストラップ、セキュアストラップ、ビデオスタビライザーと様々な使い方ができる変幻自在のストラップです。首からかけるネックストラップはもちろん、掛け方を変えるだけでスリングストラップに早変わり。キャプチャ使用時の万が一の落下破損を防ぐために腰ベルトに通しておくとセキュアストラップとして、またそのま...

デザイン的なお洒落を追求するのでは無く、あくまで利便性を追求した商品ですが、最大の特徴はカメラとストラップの結合部が簡単に切り離せるため、例えばカメラに普段はネックストラップを付けているけれども、その日はリストストラップに変更して使いたいときなど、ワンタッチで変更出来る点です。

デザインは非常にシンプルですが、使い回しも良くオススメの商品です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

是非、これから一眼レフ生活を始める人は、まず買って間違いは無い商品なので、検討してみてくださいね。

最近SONYα7IIIの発売が待ち遠しすぎて、ついレンズや周辺機器を見てしまいます。今度はオススメレンズについての投稿をしたいと思います。

したっけまたねー

スポンサーリンク
rectangle1




rectangle1




この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

フォローすればこのブログの更新を常に受け取れます!