【SONYに対抗】Canon/Nikonもハイエンドミラーレス一眼カメラを開発中

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Rosalind Chang on Unsplash

皆さん、こんにちは。Kentaroです。

SONYがフルサイズミラーレス一眼カメラで大成功を収めている事、また既存の一眼レフ市場が縮小していること、等を踏まえてCanonとNikonが漸くハイエンドミラーレス一眼カメラの開発に本腰を入れている様です。

Canon・Nikonユーザーの皆さんが重たいシステムを捨てて、心機一転ミラーレスに移行出来る日もそう遠くないかも知れませんね。

スポンサーリンク
rectangle1




CANON

Canon RumorsによればCanonは2018年第4四半期にハイエンドミラーレス一眼カメラの発売を計画している様です。

Canonは既にEOS Mラインでミラーレス一眼カメラを発売していますが、いずれの機種もAPS-Cセンサーを搭載するに留まっています。EOS Mの販売は前年比で70%増加するなど好調の様ですので、Canonにとってハイエンドミラーレス一眼カメラを発売するのは自然な流れでしょう。

しかし、2018年末の発売という事で現時点ではまだ開発中の段階に過ぎず、あまり期待しない方が良いかも知れませんね。

NIKON

Nikonは収益性の低下により構造改革中ですが、社長がインタビューの中で「ニコンらしい」ミラーレス一眼カメラを出すと発言、フルサイズミラーレスカメラの開発を進めていると受け止められています。

スマートフォンで育った世代には、性能面で他社に差をつけた“ニコンらしい”ミラーレスカメラを出す。

http://newswitch.jp/p/9613

「スマートフォンで育った世代に向け」にミラーレスカメラを出すとしている点に一抹の不安を感じますが、大丈夫なのでしょうか。。ミラーレスカメラはハイアマチュア〜プロまで導入し始めている端末であり、一部の人向けに仕方が無いから発売するものと理解しているとその内足をすくわれる気がします。

SONY

一方のSONYはミラーレス一眼カメラに早くから注力、フルサイズのミラーレス一眼カメラも早くに発売し、今年α9を発売してプロフェッショナル層をNikon/Canonから奪うなどかなりの勢いを見せています。

非常に高品質なセンサーを製造するノウハウを持ち、Nikonにセンサー納入もしているSONYがハイエンドカメラを開発するのは経営戦略として一枚上手ですよね。

弱みだったレンズについても、カールツァイスと提携してラインナップを強化するなど、以前に比べてSONYのカメラを選ぶ理由が増えてきている様に感じます。

僕は年内に発表が予定されているα7IIIの発売を心待ちにしています。楽しみすぎて時間があればカメラについて調べまくってしまいます……!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

印象としてはNikonやCanonは過去作ってきたレンズ資産が最大の武器なるも今まで開発してきた一眼レフカメラでの成功が忘れられず、中々ミラーレスという新領域に舵を切れない感じがしますね。

そういう意味で、全くしがらみ無くカメラを開発出来たSONYにこの分野は一日の長がありますね。

今年、来年はハイエンドミラーレスカメラの発売が大きく増えそうですね。新情報が入り次第また記事を書きたいと思います。お楽しみに!

したっけまたねー。