【やさしいブログの始め方②】独自ドメイン取得・サーバー&WordPressへの反映

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

前回はロリポップサーバーへのWordPressのインストール方法について解説しました。

【やさしいブログの始め方①】サーバー契約・WordPressインストール方法(ロリポップ編)
WordPressでブログを始めるにあたって、まず最初に必要になるサーバーの契約、並びにWordPressのインストール方法(ロリポップサーバー)を初心者向けに分かりやすく解説します。ロリポップを使ってブログを始めようとしている初心者必見です。

初心者向けに分かりやすくブログの始め方を解説しているこのシリーズ、今回は第2段ということで独自ドメイン取得・サーバー&WordPressへの反映方法について解説します。

初めてご覧の方は以下のまとめからまずご覧頂けると分かりやすいかと思います。

【初心者向け】ブログを始める人がまず最初に考えるべき事まとめ
「ブログに挑戦しようと思っているけど何だか難しそうで始められていない」そんな風に悩んでいませんか?僕も「ブログに挑戦しよう!」と思ってはいたものの、いざ調べてみると色々難しそうで中々1歩目が踏み出せませんでした。そんな方々のために、色々悩んだ僕が、「取り敢えずこのやり方を選んでおけば間違いない」と自身を持ってオススメできるブログの始め方をご紹介します。
スポンサーリンク
rectangle1




何故独自ドメインが必要なのか

独自ドメインでの運営はWordpressでブログを始める最大の理由の1つでもありますが、何故独自ドメインで運営することが長期的にブログを運営するにあたって必要なのか、先ず簡単に整理しておきましょう。

運営会社から独立してサイトを運営できる

例えばアメブロでブログを運営していたとすると、アメブロが経営不振になってブログ事業を閉鎖すると決めた場合、折角自分が時間を掛けて作ってきたブログは消滅してしまいます。

文書自体はバックアップを取っておけば良いかも知れませんが、アドレスが変わってしまえば折角Googleから得た評価はまた白紙、自分がカスタマイズしてきたサイトデザイン等も白紙です。

どの会社にも将来何が起こるか分からない時代ですので、誰かに依存せずに自分のブログという資産を育てていく方が長い目で見て利があります。

同じURLを使ったままサーバーを自由に変更出来る

上記の通り、独自URLはサーバー運営会社とも無関係ですので、例えば今はブログ初心者でコスパを重視してロリポップを使用していても将来的にアクセスが増えて他の会社のサーバーに移りたいと思ったとき、自由にサーバーを移動出来ます。(ロリポップのアドレスでブログを始めてしまうとずっとロリポップサーバーを使わざるを得なくなります)

読者にキチンとした印象を与えられる

独自ドメインのサイト管理は無料ブログの管理と比べて簡単では無いため、独自ドメインで運営されているサイトを見ると、読者にしっかりとした印象を与えられます

確かにameba.jpのブログよりは独自アドレスの方がしっかりした印象を持つと言うのは感覚的にも正しいですね。

独自ドメインの取得

前置きが長くなりましたが、いよいよ独自ドメインの取得方法を説明します。

独自ドメインの提供事業を行っている会社は『お名前.com』と『ムームードメイン』の2社が有名ですが、ロリポップサーバーを使う場合には提携しているムームードメインの方が設定が簡単なのでオススメです。

ムームードメインで独自ドメイン登録

希望のURLの空き状況を確認

ムームードメインの公式サイト(あまり見栄えのするサイトではありませんが下のサイトが公式です)にアクセスし、先ずは自分の希望のアドレスが使われていないか確認します。

当たり前ですがURLは世界で1つのものですので、世界中で誰かが先に使っているアドレスは使うことが出来ません。

「ムームードメイン」は、ドメインを取得・登録・移管・売却ができるGMOペパボのドメイン総合サービスです。.com .net .jp .co.jpなど、気になるドメイン名を検索してオリジナルドメインを取得しましょう。取得はもちろん、管理費用も格安なのでドメインを移管すると年間のコストも削減できます。

お値段を踏まえて決断

検索して”○”が付いているURLは使用可能です。.com以外にも色々なものがありますので、自由に選んでください。

因みに.xyz等初年度の価格が100円以下と非常に安くなっているものもありますが、2年目以降の更新の際は1,500円になっていたりと若干トラップになっていますので、長期運用を考えるのであれば『取得費用』だけでなく『更新費用』についてもしっかり確認した上で決めましょう。SEOの観点からころころURLを変えてしまうのは得策ではありません。

ムームードメインで取扱い中ドメインの価格一覧です。取得・更新・移管にかかる費用を確認することができます。

購入手続き&設定

希望のドメインが空いていた場合、○をクリックすると購入画面に進みます。

基本的には説明されるままに必要事項を記載していけばOKですが、設定の部分は以下の様にするように注意してください。

独自ドメインは誰が保有しているのか、『Whois公開情報』として一括して登録・公開されています。ここで『代理公開』を選ぶことで、あなたの個人の名前や住所を登録せずに、ムームードメインの情報を代わりに記載することが出来ますので自分の個人情報保護の観点からオススメです。
ネームサーバーは『ロリポップ!』を選択する事で簡単に設定が可能となります。

クレジットカード等で支払を済ませると、ドメインの取得が完了します。

ロリポップサーバー側での設定

ドメインとサーバーの紐付け

現時点では取得ドメインとロリポップサーバーが紐付いていない状況ですので、独自ドメインへのアクセスがあった時に先程インストールしたWordPressを開くように設定してやる必要があります。

ロリポップサーバーのユーザーページから『独自ドメイン』⇒『独自ドメイン設定』をクリック、以下の画面に情報をそれぞれ入力します。赤字で書いた部分を参考に記載してみてください。

『独自ドメインをチェックする』をクリックして設定は完了です。

公開フォルダ(WordPressのインストール先)が分からない場合

自分がWordPressをどのフォルダにインストールしたかが分からない場合には、WordPressのインストール履歴から確認する事が出来ます。ユーザーページから『簡単インストール』⇒『WordPress』をクリックすると一番下に履歴が記載してあります。

設定反映まで時間がかかる

設定が完了してから反映まで1時間ほど反映されますので、気長に待ちましょう。

『設定』の下にある『確認・変更』が押せるようになったら完了です。

WordPress側での設定変更

ここまでで自分で取得した独自ドメインにアクセスするとインストールしたWordPressのサイトが開かれる様にサーバーには通知されていますが、最後にWordPressに対してその変更を通知してやる必要があります。

WordPressの管理画面を開き、『設定』⇒『一般』から以下の2つのURLを取得した独自ドメインに切り替えます。

最後に下にある『変更を保存』ボタンを忘れずに押してください。

最後に

さて、以上で独自ドメイン関連の設定は完了となります。

独自ドメインをブラウザに打ち込んでアクセスし、自分のWordPressページが開かれることを確認してみてください。

これでいよいよブログを作成していく最低限の準備は完了しました。ブログをどんどん書き始めましょう。

次回からはWordPressを便利に使う方法や初めのうちに対応した方が良いものについて説明していきます。記事作成の息抜きにもなりますのでなるべく早めのうちに対応してみてくださいね。

したっけまたね!(北海道弁)。