離れた家族との会話を盛り上げるにはFitbitを活用しよう

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

離れた家族・恋人とのコミュニケーションってとても難しいですよね。それは、近くにいれば「今日どうだった?」とか「体調良い?」みたいな何気ない会話が出来るのに、メールやLINEでそんな会話をするとわざわざ返信するのが面倒に思ってしまうのが原因だと思います。

今回は地方出身者、単身赴任、遠距離恋愛等の大切な人と離れて暮らす人達に特にお勧めのコミュニケーション方法をご紹介します。

スポンサーリンク
rectangle1




Fitbitで絶妙な距離感を

Fitbitはリストバンドタイプのフィットネストラッカーで毎日の歩数や睡眠時間等を見える化してくれるデバイスです。

何故そんなフィットネストラッカーが家族や恋人とのコミュニケーションに役立つかというと「友達」機能が付いており、お互いを登録した人の歩数情報が見えるからです。

僕はFitbitを使い始めてから明らかに家族の会話が増えました。歩数っていうのは人の行動そのものであり、歩数に変化があると言うことは何かそこに会話のきっかけがあるということなんですよね。

【Fitbit Charge2】リストバンド型活動量計Fitbitで健康生活始めました!
リストバンド型活動量計Fitbit Charge2を半年間使用後レビューします。興味があるが一歩踏み出せない方、是非読んでみて下さい。Fitbitで運動量・睡眠・心拍数を中心にあなたの生活が見える化出来ます。
【Fitbit Charge2】6ヶ月使って良かった点、悪かった点を大公開!
Fitbit Charge2を使用し始めて6ヶ月が経ったので良かった点、悪かった点をレビューします。これからFitbitを購入しようと悩んでいる方、是非参考にしてみてください。Fitbitを使って皆で健康になりましょう!

家族全員を登録

僕は元々Fibitを使用していましたが、機械に疎い地元の親はスマホも持っていないしFitbitなんてもってのほかという状況でした。

自分でFitbitを使い始めてから、これは寧ろ北海道で運動不足になりがちな両親にこそ必要な物だと思い一番リーズナブルなFitbit flex2を誕生日にプレゼントしました。因みにその時スマホをまだ持っていなかったので、iPadと連携して使って貰っています。

全員分の設定を済ませ、それぞれの端末から友達登録を行い準備は完了です。

歩数を見て健康状態を知る

毎日「今日は体調どう?」なんて聞くのは、付き合いたてのカップルならまだしも、離れた家族であれば普通はしないですよね。

でも「元気にしているかなぁ」程度に気にはなっているわけで、今までそういうときには電話してみるしか無く「そこまでじゃないなぁ」と思っていたものが、Fitbitをお互い登録することで歩数が分かり生存確認が出来る様になります。

体調が悪いときには明らかに歩数が減るので直ぐに気付きますし、旅行に行くと歩数が明らかに増えたりして、面白い様に生活の変化が見えてきます。

因みに、先日父親の過去1週間の歩数が明らかにいつもの半分くらいに減少した時があり、「どうしたの!?」とラインすると、「インフルエンザだった」とのこと。Fitbitを家族で導入してから明らかに家族の会話が増えた気がします。

単純に歩数が増えた・減っただけでも話題のきっかけになるのでとても良いですよ。行動に変化が現れていると言うことはいつもと違う何かをしているとなので、そこから話題が広がることがとても多いです。

はじめFitbitを使い始めたときは他人と自分の一日の歩数なんか共有して何のメリットがあるのかと思っていましたが、家族で始めると明らかに楽しいです。今では家族ぐるみでFitbit生活を満喫しています。

拍手を送る・からかう

Fitbitはアメリカ発のベンチャーなので、結構表現がアメリカンなのですが、「拍手を送る」「からかう」という機能があり、「わざわざ文章にして送るほどでも無いんだけど何か繋がっていたい」というニーズを満たしてくれます。

例えば今まで不動の1位だった母親の歩数を一瞬でも自分が超えたときには相手を「からかって」みたり、今まで歩数が少なかった父親が頑張って歩数を増やした週には「拍手を送ってみたり」といったところです。

気になることがあったらLINEグループ会話で

スマホを契約

僕の両親は今年までスマホを持っていなかったので、僕が格安SIMの契約をしてスマホデビューを格安でさせてあげました。

格安SIMにすればガラケーと毎月かかる金額がほぼ変わらないにも関わらずLINEが使えたり、Google Mapが使えたりと非常に便利になるので、ITが得意で無い親世代に対してもオススメ出来ます。(大手キャリアは老人相手にせこい商売していますので騙されないようしっかり面倒見てあげましょう)

【決定版】格安SIMへの移行 | 初心者向けに簡単解説
格安SIMへの移行、色々複雑で初心者には難しいですよね。総合満足度No.1の格安SIM事業者Freetelへの移行に必要な手続きの全てをこちらで解説します。例え違約金や手数料がかかっても、Freetelに即移行すれば毎月の携帯代金は来月から大きく節約出来、結果的にとてもお得になります。

それまでLINEはiPad・PCを使ってやっていたので返信が来る迄に時間がかかりましたが、スマホになってからはかなりレスポンスが早くなりましたね。

Fitbitで気になることは家族のグループに投稿

当然普段連絡取るときは1対1でLINEに連絡するわけですが、こと離れた家族との会話を盛り上げるためにはLINEグループを家族で作るのがオススメです。

そうすることで、父親と母親に同じ内容を返信しなくて良いですし、離れていても夕食を囲んでいるような家族団らんが出来ます。

我が家の場合はFitbitの歩数計を見て何か変化があったときには、「歩数増えてるけどどっか行ったの?」みたいな会話をします。大体「旅行にいった」とか「仕事で出張に」とかそういう話に広がっていくので、たまに近況を知るのには最適な会話の量になることが多いです。

ポイントは、別に本人に直接1対1で連絡すれば良いことでも秘密の話でなければグループラインですることです(会社でグループアドレスを使うのと似ていますね)。そうすることで他の人からもコメントが入り、結構盛り上がります。あまり気負う必要はありません。スタンプ1つでも良いんです。

たまにFacetimeでテレビ電話

普段はLINEグループでスタンプ送ったり気軽に話しながら、1ヶ月に1度くらいは親と顔を見て話すようにしています。(恋人とだったら毎週でも良いと思いますよ)FacetimeはApple製品でしか使えませんが他のサービスよりも安定性が高く画質も良い(当然無料)なのでオススメです。

我が家にも実家にもiPadがあるので、iPadの大画面でお互いの顔を見ながら会話することで、中々実際には会えなくてもキチンと近況報告が出来ますし、やっぱり顔を見て話すのは楽しいですよね。

まとめ

さていかがだったでしょうか。

今回の記事を纏めるとこんな感じです。

  • Fitbitを家族間のコミュニケーションの起点にするのがオススメ。
  • 歩数が変わると言うことは何か普段と違う行動をしているということであり、そこから会話が始まる可能性が高い。
  • 気になったら気軽に家族のグループLINEで会話してみると気軽に家族団らんできる。

皆さんもFitbitを使って仲良し家族生活始めてみてくださいね。

したっけまたねー