【2017年9月発表】iPhone8は全く新しいデザイン、複数の革新的機能を搭載の見通し

Photo by Jordan McQueen on Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

例年の9月のiPhone発表に向けて、時期iPhone(iPhone8?)のスペック予想が日々ヒートアップしてきましたね。

革新的機能が搭載される予感に胸が高まりますが、色々な情報が氾濫しているので、Macrumorsが掲載した角度の高い情報を元に、今年のiPhoneがどの様になりそうか、最新の予想の内、主要な点をご紹介したいと思います。

ベゼル部分を廃したEdge to Edge画面(OLED)を搭載

現行のiPhoneは表面に画面が映らない黒い部分がありますよね、現在Touch IDが搭載されている部分も含めて、表面にありながら画面表示に使われていない部分が存在しています。

iPhone8ではこれら全てが画面になります。これにより画面サイズを同じに保ちながらiPhoneの小型化を図ることが出来る様になります。

また、搭載されるディスプレイはこれまでのLCDディスプレイからOLED(有機EL)画面に変更となり、画質が更に改善、省電力、軽量化など沢山のメリットを享受出来ます。

Touch IDを廃止し、顔認証機能を全面搭載

上記Edge to Edge画面を搭載することで、TouchID(指紋認証)の場所がなくなる事から、Touch IDが画面の下に潜るのか、それともAppleが予てより開発していたと噂されていた顔認証機能を搭載するのか見解が分かれていました。

最新の情報によると、iPhone8ではTouch IDが廃止され、認証機能は全て顔認証に取って代わられる見通しとなっています。これからiPhoneを使う際には指紋を合わせる必要すらなく、iPhoneをまっすぐ見つめるだけでロックが解除される仕組みとなります。

ワクワクしますね!

無線充電機能を搭載

現行のiPhoneでは充電する際LightningケーブルをiPhoneに差し込む必要がありますが、iPhone8では無線充電機能が遂に搭載される可能性がある様です。

有線での充電は地味に一手間必要になるため、無線充電機能を歓迎する人は多いのでは無いでしょうか。

Smart Cameraが搭載、4K60p動画も撮影可能に

iPhone8には撮影しているシーンを自動で認識し、適切な露出やホワイトバラアンス等の設定をしてくれるSmar Camera機能が搭載されると噂されています。これまでもHDRの搭載等でiPhoneのカメラは格段に進化してきましたが、これにより更に大きな進歩が望めそうです。

また、iPhone8は前後のカメラどちらでも4K60pの動画を撮影出来る様です。先日Canonが発売したCanon 6D Mark2では4K動画すら搭載されていないのに、iPhoneで4K、それも60pの撮影が出来ると言うことであればかなり大きな成長と言えます。

発売は若干遅れる可能性有り

Appleは例年通り9月にiPhone8を発表する可能性がありますが、その場合でもiPhoneの出荷は10月以降となる可能性が高いとのことです。または発表自体を遅らせる可能性もありとのこと。

iPhone発売10周年を記念したこれだけの大型アップデートですので若干仕方が無い気はしますが、Tim Cookが大観衆の中でiPhone8を発表する日が待ち遠しくて仕方がありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のiPhoneはかなり大きなアップデートになりそうですので、古い機種を持っている方は買い換えを検討しても良いかも知れません。今買い換えようとしている方は後数ヶ月待った方が良いですよ!

iPhone8楽しみです!したっけまたねー