【maneo】失敗しない投資先の選び方

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Vitaly on Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

ソーシャルレンディング国内最大手のmaneo、皆さんも投資していますか?

Amazonで中田健介の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

僕は余剰資金の運用先としてmaneoで100万円以上運用していますが、maneoの投資先の選び方に関して幾つかのルールを絶対に守っています。

過去債務不履行となった案件が(法人向け融資では)1件も無いmaneoですが、そもそもある程度リスク(とリターン)がある投資手段であり、ノーリスクで儲かるといった様なうまい話では当然ありませんので、しっかり自分でどこまでのリスクを取れるのか考えていく必要があると思います。

スポンサーリンク
rectangle1




maneoで初の延滞案件が発生

2017年3月28日、maneoで初の延滞案件が発生しました。本案件は元々担保・保証無しとしていた案件でしたが、別途抵当権並びに連帯保証契約を結んでおり、今後の回収可能性が注目されます。

2017/03/29 お知らせ「【延滞発生に関するご報告】」です。maneoはソーシャルレンディングのパイオニアとして、お金を媒介とした密度の高いコミュニケーションインフラの創出を目指します。

この様にmaneoにはリスクがあり、そのリスクは投資家が取っています。確かにmaneoは今後上場を目指すのでしょうから、顧客からのイメージを損なわぬ様、「過去債務不履行となった案件無し」というブランドを維持するため安全な商品を中心にするインセンティブがありますが、絶対に安全ではありませんし、何かあった場合には我々の大切な資金で払う必要があります。

maneoの案件選別方法

条件①:保証または担保がある

これは正直第一条件でしょう。

保証も担保も無しで、どこの会社かも分からない企業にお金を貸し出す、maneoの選球眼が外れたら全て責任は我々が取る。これを認めるほどリスクは取るべきではありません。

maneoのブランドを信頼して兎に角金利が高いものから投資するという人もいるのかも知れませんが、上の事例の様に痛い目を見る可能性があり、保証・担保が無ければその時は回収のしようがありません。

担保または保証のある案件を選択し、担保案件の場合は、maneoの案件紹介欄に記載のある、適切に評価された担保余力が貸出金額を下回っていることを確認しましょう。

条件②:貸出期間が約1年以下

中小企業の会社生存率は1年後に40%、5年後には僅か15%だそうです。

そんな中比較的リスクが高い資金を1年以上中小企業に預けるのはリスクがあると僕は思います。如何に貸しだした当時にはmaneoが返済余力を認めても、1年間あれば不動産価格が暴落し担保価値が下がってしまうこともあるでしょう。

一方貸出期間が短くなれば逆に資金が遊んでしまう時間が増えるため、このバランスを取るため、1年というのを1つの基準にしています。

条件③:社会情勢を見て投資分野を決める

最近太陽光発電事業者の倒産が増えているとの報道が最近ありました。政府が決めた固定価格買取制度の太陽光買取価格が大幅に引き下げられ、無計画に拡大をしてきた事業者の倒産数が増えているとのことです。

当サイトで警鐘をならし続けてきましたが、太陽光発電業者の倒産が相次いでいます。どういった理由で倒産しているのでしょうか?業者が倒産することで、何か問題があるのでしょうか。改めてまとめました。

maneoで投資対象として選ばれる様な会社はその様な問題はないと信じたいですが、やはり社会情勢が悪くなればある程度の影響は出ると思いますので、今後は太陽光関係の投資は減らしたいと思います。

同様に現在maenoの投資案件は不動産関係が多いですが、オリンピックにむけて国内の不動産バブルが弾けるとも言われており、そうなった時を見越して、直ぐに資金を退避出来る様、ある程度短期間の案件を積み重ねていく必要があるかと考えています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

保証・担保付きで、貸出期間が約1年以下、という条件で案件を探しても年率約5〜9%位の案件が出て来ます。やっぱりmaneoは素晴らしいですね。

maneoを始めてから資金を持つ者の強さを思い知らされ、お金を貯めて先に行かなければと、今まで苦手だった貯金が出来る様になりました。

皆さんもmaneoでソーシャルレンディング始めてみてくださいね。

したっけまたねー

スポンサーリンク
rectangle1




rectangle1




この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

フォローすればこのブログの更新を常に受け取れます!