【人間工学】Microsoft Sculpt Ergonomic Desktopで快適タイピング生活

皆さんこんにちは、Kentaroです。

最近ブログを頻繁に更新する様になってからタイプの量が一気に増え、肩こりが酷くなってしまったので、家のキーボードを変えてみました。

今回は僕が色々なキーボードを試した上でベストだという結論に至った、Microsoft Sculpt Ergonomic Desktopキーボードについて紹介したいと思います。

Sculpt Ergonomic Desktopキーボードとは

前々から「マイクロソフトのキーボードって尖ったデザインだよな」位には思っていましたが、そのデザインになっているのは『お洒落だから』以外に理由があります。

エルゴノミクス理論(人間工学)に基づいて作られており、キーボードの右半分は右側に、左半分は左側に傾いて設置されています。要はハの字になっているという事です。

当たり前ですが、人間の腕は体の中心ではなく左右から生えているわけで、タイピングするときはそれぞれ左右から手を伸ばして机の中心に持ってきます。エルゴノミクス理論では、その際にキーボードも左右に分かれてそれぞれの腕の方に傾いていた方が身体にとっては『自然』であり、負担も少ないだろうと考えるわけです。

詳細はマイクロソフトのHPに書いてあったので引用しておきます。

Sculpt Ergonomic Desktop は、先進のエルゴノミクス理論に基づいて作られています。分割キーボード レイアウトは手首と前腕を無理のない位置に保ち、クッション付きのパーム レストで手首を保護します。 ドーム型のキーボードは、疲れや痛みの原因となる手首の動きを減らし、快適に保ちます。

Sculpt Ergonomic Desktop Keyboard & Mouse (スカルプト エルゴノミック デスクトップ キーボード アンド マウス) | Microsoft Hardware
マイクロソフトの新しいエルゴノミクス デスクトップは、機能豊富なキーボードとマウスに、優れた快適性、利便性、デザインを組み合わせています。 今すぐ Microsoft Hardware でプレビューをご覧ください。

明らかに異質なデザイン

電気屋さんに見に行ったときの第一印象は『明らかに他と違う』というものでした。

キーボードは真ん中で割れていますし、マウスは平べったくなく球体に近いですし、正直デザインが尖りすぎていて会社で使うのはちょっと躊躇われるかも知れませんが、家では別に周りに気を使う必要も無いのですし、何事もパフォーマンスには代えがたいのでこれに決めました。

もう一つはタイピングしたときに感触が軽めのタッチで、タイピングしているときの音があまり大きくないことが好印象でした。

これは完全に好みの問題ですが、ターン!という音を鳴らしたいタイプの人にはあまり向いていないかも知れません。

初めはミスタイプを連発

購入後意気揚々とタイピングを始めましたが、まさかのミスタイプ連発。それもそのはず、上の写真をよく見て頂ければ分かりますが、単に真ん中で2つに分かれているわけでは無く左右にキーが傾いている上にそれぞれのキー毎にサイズが異なっています。(例えばNは大きいですが、Bのキーのサイズはその3分の1位しか有りません)

この新しい配置になれるまではミスタイプを連発。元々タイピングには自信があったのですがそれだけに最初の1週間はかなりフラストレーションが溜まりました。

慣れてくると体が本当に楽になる

しかし2週間程すると、タイピングの量は相変わらず多いのにも関わらず不思議と体が疲れていない、そんな感覚を持つようになりました。

今まではタイピングをするときに確り脇を締めて肘を内側に寄せて四角いキーボードに自分が合わせに行っていたものが、今は自然に手を机の上に置いたままの状態でタイピングをしている為、ストレスが大きく軽減されている事を感じます。

今までずっと普通の四角のキーボードを使っていたので、それが自分の体に負荷をかけていたことに全く気付いていませんでしたが、このキーボードを使い始めて始めて、『今までは体に大きなストレスをかけながらタイピングをしていたんだな』という事に気付きました。

外出先ではMacbook proのキーボードを使わざるを得ないのですが、それが辛いと思うようになるほど今ではこのエルゴノミクスキーボードのファンです。もう元のキーボードには戻れないと思います。

マウス、テンキーも心地よい

マウスもキーボードと同じくエルゴノミクスデザインとなっており、自然に手を机の上に置いた時に合う形(ボタンが真ん中では無く少し右側に付いている)、且つ手で握りやすい卵形となっています。

こちらはキーボードとは違い慣れが必要ありませんでしたので、初日からその効果を感じることが出来ました。一日握っていると疲れ方が全然違います

また、Windowsボタンと戻るボタンが付いており、非常に快適です。尚、Macで使う場合は手動で機能を割り当てることになります。詳細は以下で説明します。

要改善点

ほぼ完璧なキーボードだと言うことは間違い有りませんが、強いて言えば2つ改善して欲しい点があります。

  1. レシーバーが以下の写真の通り少し大きく、ノートPCを持ち運ぶときに鞄にぶつかる。
  2. Windowsのみに対応しており、Macだとキーボードの機能が100%行かせず別途設定が必要になること。

レシーバーは少し大きい

無線接続のためにUSB接続のドングルを使うのですが、以下の写真の通り少し出っ張っています。

Windows専用キーボードなのでキー割当の設定が必要

上の写真の通り、僕はMacbook proに繋いで使っていますが、純正のソフトウェアはWindow専用となっており、Mac用のソフトはMicrosoftからは出ていません。

じゃあどうしているかというと、Karabiner-Elementsというアプリを使用してキー割当を自由に変更し、僕はこれを使って毎日ブログを書いています。無料アプリですが非常に安定しておりオススメです。

https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja

気になるお値段は

最後に気になるお値段ですが、実は(効果の割に)そこまで高くありません。

勿論安いとは言えませんが、無線でマウスとキーボードとテンキー(僕は滅多に使いませんが)が付いており、更にエルゴノミックスデザインとくれば、その価値はあるのではないでしょうか。

Amazon | マイクロソフト キーボード マウスセット ワイヤレス/セキュリティ(暗号化機能搭載) Sculpt Ergonomic Desktop AES L5V-00030 | マイクロソフト | キーボード・マウスセット 通販
マイクロソフト キーボード マウスセット ワイヤレス/セキュリティ(暗号化機能搭載) Sculpt Ergonomic Desktop AES L5V-00030がキーボード・マウスセットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

格安のキーボードというわけではありませんが、現代を生きる上でタイピング速度・精度を上げつつ疲れを軽減することは非常に重要なので十分価値はあると思います。

僕も最初は半信半疑でしたが一歩踏み出して本当に良かったです。

是非皆さんも試してみてください!

したっけまたねー