まだ店で買い物してるの? | 未来の買い物スタイル

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

家電はネットで価格を調べて安く買う、服もネットで買う、という人でも食料品はスーパーに行って買うし、日用品はドラッグストアに行って買う、という人は多いんじゃ無いでしょうか。

我が家は最近IYネットスーパー+マツキヨオンラインストア(+Amazon)の組み合わせで食料品や日用品をほぼ完全にネット通販に移行しましたので今日はそのメリットをご紹介します。

移行してみると何で今まで店まで行って購入していたのか分からなくなるくらい便利でしたので是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク
rectangle1




目的の商品を探すまでが早い

食料品や日用品は事前に買う物を決めてから行く『目的買い』が多いと思いますが、事前に買う物を決めてスマホにメモしていっても、

「あれ、この商品って場所変わった?」

「すみません、これどこに置いてますか?」

「現在丁度品切れでして。。。」

なんてやり取りをした挙げ句に品切れなんて事も良くありますよね。

僕は買い物に行った時に店に入って一つ一つ商品がどこにあるのか探す事が本当に苦痛で、Ctrl+Fを押して検索ボックスを表示したい衝動に何度駆られたことか。

ネット・検索全盛期の時代に「これどこ置いてますか?」なんていう30年前と変わらない会話があって、これどうにかならないの?と思ったのがきっかけで我が家は買い物の殆どをネットに移行しました。

重たい商品を運ばなくて良い

ミネラルウォーターを買ったり、缶詰を買ったり、シャンプーにリンスに、と購入していくと気付くとメチャメチャ重くなって、ショッピングカートから持ち上げて驚いたもののどうしようもなく、ビニール袋を手にめり込ませて痛いのを必死に耐えながら家路を急ぐ。。。そんなこと、よくありますよね。

ネット通販に切り替えれば自宅の玄関先まで配送員の方が台車を使って持って来てくれます。あなたはスマホで空き時間に注文していつも通り家に帰ってくるだけで自分の欲しい商品が家に運ばれてくる、これ以上の説明は不要ですね。

送料がすぐ無料になる(安い)

でもお高いんでしょう?というのが次の疑問だと思いますが、物流網の効率化により送料は極めて安いです。

僕が愛用するIYネットスーパーは4年以内に発行された母子手帳を見せると送料が100円になりますし(普段は5,000円以上で送料無料)、マツキヨは1,980円以上の購入で送料が無料になります。

まだ近所のスーパーで消耗してるの? | ネットスーパーのススメ
ネットスーパーを使う事で今まで買い物をしていた時間をもっと有意義な時間に費やすことが出来ます。混雑した店舗で消耗していないで、新しい生き方を始めませんか。ネットスーパー愛用者の僕がメリット・デメリットを解説します。

特にドラッグストアでの買い物は纏めてすれば1,980円は軽く超えますよね。今まで店頭で買い物するときもいつもそれ以上の金額に纏めて購入していたので、何でもっと早く利用しなかったのだろうと後悔しています。

また、マツキヨは近隣店舗での受け取り・取り寄せを選択すれば全く手数料・送料がかかりません

「家まで自分で運ぶのは良いんだけど店舗内をぐるぐる回って一つ一つピックアップするのが面倒」という人に取ってはかなり便利なサービスで、注文後準備が出来た旨のメールが来てから店舗に足を運ぶと自分が欲しい商品が全て袋詰めされて用意されています。

無料で自分の欲しい商品を集めておいてくれるなんて最高ですよね。これは使わない手はありません。

価格は店頭と同水準

「送料に乗せずに商品価格に値段を上乗せしてるんじゃ無いの?」というのが次に気になるところだと思いますが、IYネットスーパーもマツキヨも価格は店頭と同水準で、セール価格も同等ですので気にする必要は無いです。マツキヨはネットだけのセールがあったりします。

マツキヨは商品毎に近くの店舗受取か自宅配送か選択する事が出来、その際に近くの店舗での販売価格も見ることが出来るので安心です。(基本的には店舗価格とネット価格は同じです)

品揃えが良い

マツキヨに行ったけど、お目当ての商品が置いてなかったり、品切れしていたなんて事がありますよね。

マツキヨオンラインストアであれば全ての商品を揃えた上で配送してくれますので心配ありません。ネットでは購入できるけれど店頭では購入できない、という商品が結構ありますので、オンラインストアの品揃えの方が店舗よりも多い印象です。

IYは生鮮品を取り扱うので売り切れが発生することもありますが、それは店頭も同じ。品揃えは店舗と同等レベルでほぼ困ることはありません。

オススメはIY(食品)とマツキヨ(日用品)

食品(ネットスーパー)の業者の中では、①商品点数が多い、②子育て応援キャンペーンで送料が100円になる、③細かい要望を聞いてくれる(魚の三枚おろし等)、という3点からIYが最もオススメです。

ネットスーパーの比較記事はこちらを見てみてください。

ネットスーパー大手三社比較 | イトーヨーカドー vs イオン vs 西友
ネットスーパーにはいくつも選択肢がありどれを選んだら良いのか分かりにくいですよね。 日常使いのスーパーを代替できる商品力を備えたネットスーパーを徹底比較してまとめたので、デビュー先を決める前に是非確認してください。

日用品についてはマツキヨがオススメです。日用品はAmazonでも購入する事は可能ですが、Amazonの商品価格ってマツキヨに比べると高いんですよね。価格は店頭と同じに抑えつつ、配送サービスを開始したマツキヨの競争力はかなり高いです。

また、その他のマツキヨの利点としては、

  1. 送料が1,980円で無料
  2. ネット上と近隣店舗の価格を比較して安心して購入できる
  3. 近隣店舗に在庫がある商品は店舗取り置き(無い場合は取り寄せ)で購入可能で、手数料無料で注文商品を纏めておいてくれる、

といったところでしょうか。

僕はどうしてもマツキヨで買えなかったり、急ぎで欲しいものだけAmazonで購入する様にしています。商品点数と当日配送はやはりAmazonの強みなので。

店に行く理由

ここまで来ると「店に行く理由は何なのか?」という感じがしますが、僕は「趣味で行けば良い」と思います。

必要に迫られて、自分の欲しいものリストに載っている商品をひたすら短時間でピックアップし購入して帰る為にお店に行くのであれば、これからはもうお店に行く意味は無いでしょう。そういう時はネットで注文して配送して貰いましょう。これでどれだけのストレスと時間を削減できることか分かりません。

実際のお店には、買い物が好きな人、色々な商品を目で見て、試してみるなど買い物を楽しみたい人が、時間的に余裕があるときに行くべきだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「買い物はスーパーで、日用品はドラッグストアで買う」という思い込みがあるので中々一気には世の中変わらないとは思いますが、一度踏み出してみると本当に便利でもう戻れません

今回の記事を纏めるとこんな感じです。

  • 最近食料品・日用品業界でオンラインストア・宅配サービスが大きく進化している。
  • オンラインストアの利点は、①商品を探すのが一瞬、②いつもの買い物と同じ位の購入金額で送料無料で家まで運んでくれる、③品揃えが豊富、④価格は店頭と遜色ない。
  • オススメの業者はIY(食料品)、マツキヨ(日用品)。
  • 目当ての商品を買うのが目的であればもう店に行く必要は無い。買い物を楽しみたい人が時間があるときに行くべき。

したっけまたねー