まだ近所のスーパーで消耗してるの? | ネットスーパーのススメ

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

日々の生鮮品や日用品、どこで買っていますか?

『家の近くのスーパーで買ってます』という人は多いのではないでしょうか。イケダハヤトさん風のタイトルは若干煽り気味ですが、仕事や子育てで毎日忙しい日々を送っている人にとって、本当に毎日近所のスーパーに買い物に行くのが正しい選択なんでしょうか?

今回はネットスーパーを愛用する僕がそのメリット・デメリットについてまとめます。

スポンサーリンク
rectangle1




店舗スーパーに行くのは時間の無駄!?

先日近所の某スーパーに久々に買い物に行きましたが、(僕が普段あまり店舗スーパーで買い物をしない事もあり)非常にストレスが溜まって帰ってきました。

理由は簡単。買いたい物が決まっていたのにも関わらず、見つけるのにものすごく時間がかかったからです。

ネットスーパーであれば検索ボックスに欲しいものを入れて検索すれば直ぐに商品が見つかります。でも、実店舗での買い物はそうはいきません。東京の狭いスーパーで周りの人達とぶつかりながらやっとの思いで目当ての商品を見つけ、帰ろうと思ったらレジ前には長蛇の列、なんてことはざらにありますよね。

『インターネットで食料を買うなんて怖い』『自分の目で鮮度の良い野菜を選びたい』一時代前であればそうだったかも知れません。でも本当にそうですか?スーパーはあなたの貴重な時間を使って行く価値がある場所なのか、改めて考えるタイミングではないでしょうか。

ネットスーパーを使う意味

買い物に行く時間を大幅に削減

ネットスーパーを使う最大のメリットは買い物に行く時間を削減できること(時短)です。スーパーまで自宅から片道10分、買い物に30分かけるとすると、買い物に行く日は1日の50分は買い物に費やしていることになります。

ネットスーパーの買い物であれば、5分で終わりますので、45分の時間が浮きます。レジが混雑している時なんかは尚更でしょう。特に子育て世帯や共働き世帯にとってこの45分は大きいですよね。その時間で掃除が終わったかも知れないし、仕事を片付けられたかも知れません。

1週間に3回買い物に行くとすると、1週間で2時間15分、1ヶ月で9時間、1年間で108時間の時短になります。

荷物を運ぶ労力を削減

ネットスーパーでは生鮮品だけで無く、ミネラルウォーターや日用品も取り扱っているので、日々の買い物と一緒に中々自分では運びにくい重たい物、かさばる物を注文できます

生鮮品だけでも結構な重さになりますし、更にミネラルウォーターも、という事になるとスーパーからの行き帰りは苦痛でしかありません。

お願いしてから3〜4時間でこれを自宅まで運んでくれるとしたらどうでしょうか?大きなメリットですよね。

落ち着いて買い物が出来る

店舗スーパーではある程度購入する物を決めてから来ないと、店舗内でスマホで調べながらウロウロしていると狭い店舗では邪魔になってしまいますよね。特にセール日等の混雑日は店舗スーパーでは落ち着いて買い物できません。

ネットスーパーであれば献立を考えながらその都度ネットスーパーのカートに入れていくことが出来ますし、立ち止まるときに周りを気にする必要もありません。

不要なものをその場の勢いで買ってしまうこともありませんし、自宅から注文すれば冷蔵庫の中に何があるか確認しながら注文することが出来ます。

また、一度バスケットに入れた商品を戻す場合、店舗スーパーであればいちいちその場所まで戻って戻さなければなりませんが、ネットスーパーならワンクリックです。

ネットスーパーのデメリット

ネットスーパー信者だからといって良い点ばかり挙げていては公平では無いので、ネットスーパーの悪い点、使う上で分かっておかなければならない点をご紹介します。

配送料がかかる

皆さんがネットスーパーを使う上で最大の懸念点は配送料金が高いという事ではないでしょうか。次の記事に記載の各社サービスの比較表をご覧頂ければ分かりますが、基本的に配送毎に324円の配送料がかかります。

これを高いとするか安いとするかは人それぞれですが、5円安い商品を求めてスーパーをはしごする様な節約意識の高い人からすれば問題外に高いでしょう。

以下2点の対策で配送料を下げる努力は出来ますが、結局店側に取っては店舗で販売するよりもコストがかかるので、ある程度料金がかかるのはやむを得ません

まとめ買いをする

毎日の買い物は2,000円かもしれませんが、3,4日分纏めて買ってしまえば5,000円以上にはなるでしょう。各社5,000円〜7,000円の買い物で送料が無料になりますので、まとめ買いをすれば送料として無駄なお金を支払う事はありません。

子育て応援キャンペーンを活用する

4歳以下の子供がいらっしゃる方はイトーヨーカドーネットスーパーの『子育て応援キャンペーン』を利用しましょう。配送料が毎回100円になり非常にお得です。

配送時間帯に幅がある

配送時間帯は各社2時間の幅を持っています。例えば仕事から18時頃に帰るので18時〜20時の配送スロットを選択するとします。

その場合18時ぴったりに来る場合もあるし、逆に20時ギリギリまで来ない場合もあるので、食事の時間が最大で2時間変動することになります。

対策としては以下2点が考えられますが、将来的には配送時間の幅が1時間くらいになると良いですね。

イオンの『置き楽』サービスを使う

イオンの『置き楽』サービスを使えば、不在時でも家の前に商品をケースに入れて置いて帰ってくれます。

保冷剤を入れて梱包もしっかりやってくれますので食品が傷むこともありません。但し、費用は追加で108円かかります。

当たり前ですが、オートロックタイプのマンションでは利用できないのが残念です。

イオンネットスーパーは、毎日の生活に必要な食料品・日用品からギフトやお取り寄せ商品までお届けする便利なサービスです。

西友の『うけとロッカー』サービスを利用する

西友は店舗にネットスーパー受取専用のロッカーを設置しており、利用料金が2,000円以上の場合は無料で、それ以下の場合は324円で使用出来ます(現時点では千葉、神奈川、長野県の一部のみ)。

このサービスを使えば会社帰りにスーパーに立ち寄り、店舗内を回る手間無く、ロッカーから商品を取り出すだけで買い物は完了です。自宅までの道のりは自分で運ばなければなりませんが、その分配送料もかかりませんのでお得です。

是非東京でもこのサービスを始めて欲しいですね。

西友/サニーの公式ネットスーパー&オンライン通販サイト「SEIYUドットコム」。一定金額以上購入で送料無料。ネットスーパー(地域限定)なら最短当日配送。毎日の食品や日用品が、いつだってカカクヤスク。商品豊富に揃ってます。

雨の日は配送枠が直ぐに埋まってしまう

皆考える事は同じで、雨の予報になっている日はネットスーパーの配送枠が直ぐに埋まってしまいます。

『天気が良い日は別にお金を払って家まで配送して貰う必要はないけど雨の日は運んで欲しい』という人が多いのだと思います。

こればかりは早めに注文する事くらいしか対策はありませんが、僕が愛用しているイトーヨーカドーネットスーパーの場合は少し早めに注文すれば申し込めるくらいの混雑度合いなので、特段困っていません。その日暮らしにならない様に毎回少し多めに食材を買っておきましょう。

結局、ネットスーパーは使うべき?

ネットスーパーの価格は実店舗の価格と遜色なく、チラシ上のセール品の価格も店舗とネットで同じにしている所が多いので、まず配送料が無料になる金額(5,000円〜7,000円)を購入する場合にはネットスーパーを使わない理由は全くありません。最低限、家で商品を受け取れる人という前提ですが。

1回の買い物が5,000円以下という人の場合は、324円の配送料が買い物時間+移動時間の価値と比べて高いか安いかという視点で考えましょう。

自分の買い物時間45分の価値が324円以下だと思う人は実店舗で買い物すれば良いですが、本当にそうでしょうか。時給1,000円で計算してもあなたの45分は750円の価値があります。子供とふれあう45分、友達と楽しく過ごす45分にはその何倍もの価値があるのでは無いでしょうか?

あなたに取っての最大の資産は『時間』です。間違っても、『自分で店に行けばタダなのに324円払って配送して貰う』という発想にはならないでください。店舗に支払う配送料は『自分が買い物していた時間を使って、もっと有意義な時間を過ごすための料金』なのです。

逆転の発想ですが、買い物が趣味のお金持ち、またはスーパーにいる時間が楽しい方は店舗でゆっくり買い物をすれば良く、日々時間に追われる生活者こそネットスーパーを使うべきです。

4歳以下の子供がいる家庭は問答無用でイトーヨーカドーネットスーパーを使おう

我が家は小さい子供がいるので、イトーヨーカドーネットスーパーの『子育てママを応援します!』キャンペーンを使って、毎回100円の配送料で配達して貰っています。

妊娠中に買い物に行くのは普段以上に大変だし、重い荷物を運ぶこともリスクでしかありません。しかも毎回ワンコインで配送してくれるということであれば、これは全ての妊婦さん、子育て世代にオススメしたいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ネットスーパーは全ての方にオススメしたい、超便利なサービスです。今回の記事をまとめると、

  • ネットスーパーは究極の時短サービス、運ぶ労力も削減可能。
  • ネックになるのは配送料、まとめ買い推奨。
  • 4歳以下の子育て世帯はイトーヨーカドーネットスーパーを使えば配送料が格安に。

今まで買い物に費やしていた時間を、これからもっと有意義な時間(子供と遊ぶ時間、家族・友達と話す時間に)に使いましょう。

僕たちにとっての最大の資産は時間で、それをどう効率的に使うか、自分の思ったとおりに使うかは本当に大切ですよね。ネットスーパーは自分の時間を取り戻す1つの手段だと思います。

次回は大手ネットスーパー3社(イトーヨーカドー、イオン、西友)を具体的に比較してみようと思います。

したっけまたねー