Nikon D850はEVF/OVFのハイブリットを搭載!Sony α7シリーズを超えるか?

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by chuttersnap on Unsplash

注意:その後の報道でハイブリットOVF/EVFは搭載されないとの情報もあり今後の動向が要注目です。最新の情報は以下記事をご参照ください。http://ossowake.com/nikon-d850-spec/

皆さんこんにちは、Kentaroです。

Canon 6D Mark2にNikonD850とフルサイズ一眼レフの新製品発表会が最近目白押しですね。

NikonD850はNikonが創立100周年を迎えた2017年7月25日に「開発中」である事が発表されました!このニュースを聞いたときは、「100周年の発表会に開発中としか発表出来ないとはNikonもこれまでか」と正直残念に思いましたが、最近NikonD850のスペックが分かる様になるにつれ、ものすごい機能を搭載したカメラじゃ無いかとと思うようになりました。

前の記事で書きましたが、僕は現在Sony α7III(11月発表予定)を待っていますが、その前に発表されるCanon 6D Mark2とNikonD850がすごく良ければそっちに鞍替えしようと思っています。(まだフルサイズ対応のレンズを殆ど持っていないので!)

それでは発表された噂情報を見ていきましょう。

家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、Nikon デジタル一眼レフカメラ D810を通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。
スポンサーリンク
rectangle1




予想スペック

現在NikonD850のスペックは以下の通り予想されています。

  • 4,500〜4,600万画素のフルサイズCMOSセンサー
  • 改善されたISO感度
  • SnapBridgeの最新バージョンを搭載
  • GPSは非搭載
  • チルト液晶
  • Dualカードスロット
  • D5と同じAFシステム
  • フラッシュは非搭載
  • バックライト付きボタン
  • ジョイスティック
  • Bluetooth、Wifi機能を搭載
  • 8Kタイムラプス機能を搭載
  • タッチスクリーン搭載
  • 4Kビデオ搭載

以上、Nikon Rumorsからの情報でした。

NikonD850はハイブリットEVF/OVFを搭載する最初のカメラに!?

リークされたNikonD850本体の写真のビューファインダー部分に不自然な穴が空いていたこと、並びに過去のNikonの特許情報から、NikonD850にはEVFとOVFのハイブリット型が搭載されると噂されています。

EVFとOVFについて簡単に説明します。

OVFとは普通の一眼レフの様にペンタプリズムにより反射した光を目で直接見る形式で、所謂「一眼レフカメラ」でこれまで搭載されてきました。メリットとしては直接光を目で捉えることになるのでラグが無い事などが上げられます。

EVFとは最近SONY α7シリーズの様なミラーレス一眼カメラで搭載されているビューファインダーで、一度センサーに当たった光を電子的に再現して表示したものです。要は小さいモニタを見ている事と同じです。利点としては、ピントが合っている部分に色を付けたり、撮る写真のイメージをダイレクトに持つことが出来ます。

これらを併せ持つことで、それぞれのいいとこ取りをする事が出来る事になり、全く新しいビューファインダーを搭載したカメラと言えるでしょう。

以上、Sonyalfarumorsからの情報を一部引用しました。

α7IIIを待つべきか、D850を買うべきか

機動性はやはりSONYに軍配があがりそう

「良い写真を撮る」事だけを考えればD850は候補に入ってくると思いますが、恐らくかなりの重量級のカメラになるだろうと予想されます。現に現行機種のD810は重さが980gもあります。やはりSONYα7シリーズの軽さには敵わないでしょう。

EVFのクオリティは要確認

たとえハイブリット型OVF/EVFを搭載しても、EVFのクオリティは要確認です。SONYも初期のEVFから毎回技術革新を積み重ねてきました。

先日発表されたα9シリーズのビューファインダーは殆どOVFと遜色ないものでした。

ここまでくるとOVFの必要性って何なんだっけ?と思うレベルで、その為に重い機材を持ち歩く必要は全く無いとすら考えてしまいました。

NikonD850のEVFのクオリティがどうなのかは発売されるまで分かりませんので要確認ですね。

Nikonのレンズラインナップは魅力的

やはりNikonのレンズラインアップは圧倒的に魅力的ですよね。魅力的な単焦点レンズが非常に安価に手に入る。SONYでは10万円程度は払わないと手に入らないレベルのレンズが安く手に入るのはやはり強みです。

家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G フルサイズ対応 AF-S 50/1.8Gを通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。

Nikonの経営不振

Nikonは今年で創業100周年ですが、経営的には大きな転換点を迎えていると言えます。唯一の主力事業と言えるカメラ事業が不振に喘いでいるのです。

先日掲載の記事「カメラのキタムラ129店閉鎖の衝撃。街の写真屋を殺したのは誰か」でもカメラ業界の苦境をお伝えしましたが、その影響は大手のニコンにも及んでいるようです。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・…

単にカメラを選ぶ時に会社の安定性まで考える必要性は無いかも知れませんが、今後どうなるか不安のある会社だとアフターサービスにも不安を持ちますし、少々躊躇ってしまいますね。

時代に合わせて変わっていけない会社は直ちに退場を言い渡されてしまう厳しい時代です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで整理してみて、取り合えずD850の発表は楽しみですが、自分のニーズ(子供写真撮影、日常のスナップ撮影)に合っているのはSONYのα7IIIだという気がまだしています。

皆さんはいかがでしょうか。どのカメラを買おうか悩むのって楽しいですよね!笑

したっけまたねー