死ぬまでに一度は見たい桜景色 | 弘前さくらまつりに行ってきた

皆さんこんにちは、Kentaroです。

「死ぬまでに一度は見に行きたい」との評判高い弘前さくらまつりを見に、今年のGWに弘前に行ったところ、本当に世界一の桜を目撃したので、今回は弘前さくらまつりと、オススメの青森・秋田観光についてご紹介します。

弘前さくらまつり

弘前さくらまつりとは

弘前さくらまつりは、日本でも有数の桜の数(合計2,600本!)を有する弘前公園で毎年4月下旬から5月上旬にかけて開催される祭りです。

桜は4月末頃に毎年満開を迎えますのでこの頃を狙っていくのがオススメです。毎年公式サイトには桜の開花状況が随時アップされています。

弘前公園 花筏(はないかだ)予報 | 弘前さくらまつり2018

さくらまつりに関する公式サイトの説明を引用しておきます。

弘前公園に桜が植えられたのが1715(正徳5)年、藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰ったのが始まりだといわれています。

その後、明治に入って荒れ果てた城内に1000本のソメイヨシノが植栽され、一部の士族から「城を行楽の地にするとは何事か」と引き抜かれることもありましたが、やがて明治維新の混乱も収まり1895(明治28)年には弘前城跡が公園として一般開放されました。

その後もソメイヨシノの植栽は続き、大正時代には弘前公園は見事な桜で埋め尽くされ、現在では約2600本の桜が一面に咲き誇り、西堀では桜がトンネルのように頭上を覆います。

弘前さくらまつり公式サイトより引用

一番オススメは桜のトンネル

園内は溢れんばかりの桜で埋め尽くされており、どこを見ても美しい桜を楽しむ事が出来ますが、一番圧倒されたのは桜のトンネルです。

長さ300m以上ある道の両脇に桜が所狭しと咲き誇っており、これをお堀の上にかかった端から両岸に臨むことが出来ます。

最古のソメイヨシノの荘厳な美しさ

通常寿命60年〜80年と呼ばれるソメイヨシノですが、この最古のソメイヨシノは1882年植栽の135歳。弘前公園の園内には樹齢100年を超すソメイヨシノが300本以上あるそうですが、その中でも最古の木になります。

そんなに長い期間咲き続けているとは思えないほど力強く、何も知らずに見ても強く美しいと感じられる木でした。

夜桜はまた格別

昼見ただけで間違いなく世界一の桜祭りと思える弘前公園のさくらですが、夜はライトアップされており、また格別の風景があります。

僕は結構昼で満足して夜は行こうか迷うな、程度で見に行ったのですが本当に見に行って良かった。折角この時期に弘前まで行ってこれを見ないで帰るのは本当に大損するところでした。

上の写真の通り、桜のトンネルはライトアップされて妖艶な雰囲気を醸し出しています。この日は直前に雨が少し降ったため、桜に水滴が付き、その水滴が蒸発する時に桜の良い香りが出ていました。

この日は昼は風が強かったのですが、夜はほぼ無風。湖面に見事に桜が映し出されていました。湖面を見ているとあまりの美しさにまるで別世界が広がっているようで、直接夜桜を見るよりも僕は湖面に引き込まれました。

弘前へは青森空港が便利、大館能代空港でも可

最もアクセスしやすいのは青森空港(車で45分くらい)ですが、大館能代空港(車で1時間15分くらい)でも可でしょう。

僕は初め青森空港から行こうとしましたが、やはり人気なだけあって予約が取れず、代わりに大館能代空港を利用しました。

大館能代空港は非常にこじんまりした空港で職員の愛想もよくとても良かったです。8の付く日は「忠犬ハチ公」にちなんで秋田犬がお出迎えしてくれます。秋田犬に会える機会なんて中々無いので、愛犬家の僕としては本当に嬉しかったです。

弘前には津軽ラーメンの名店あり

青森件のご当地ラーメン「津軽ラーメン」は煮干しから出汁を取ったラーメンで、青森に行ったときは是非試して欲しい逸品です。

僕は以下の「たかはし中華そば店」に行きましたが、煮干しの出汁が非常に良く出たスープに自家製の麺がとても良くあっていて美味しかったです。普通盛り750円でした。

店員さんもてきぱき動いていて人気店にも関わらず客の回転が良く、すぐに入れましたし、親切にサーブして貰いました。

たかはし中華そば店 (撫牛子/ラーメン)
★★★☆☆3.62 ■予算(夜): ~¥999

大館は秋田犬の里

大館市は忠犬ハチ公で有名な秋田犬のふるさとだということを知っていましたか?

僕は今回行くまでハチ公が秋田犬だということすら全く知りませんでしたが、大館能代空港で出迎えてくれた秋田犬の子犬の可愛いこと可愛いこと。一瞬でファンになりました。笑 (下の写真は空港で出迎えてくれた秋田犬の子犬)

帰りに空港に帰りがてら大館市の秋田犬保存会に行ってきたのですが、こちらにも3頭の秋田犬がおり、直接ふれあったりは出来ませんが、近くまで行ってみることが出来るのでオススメです。建物の3階には秋田犬の歴史等を纏めた資料館もありますので折角なので一緒に行くと良いでしょう。

公益社団法人秋田犬保存会 – 秋田犬発祥の地、秋田県大館市に本部を構える

上の写真は秋田犬保存会にいた秋田犬のぎんちゃんです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事を纏めるとこんな感じです。

  • 弘前公園のさくらまつりは死ぬまでに一度は見るべき美しさ。
  • 昼だけで無く夜桜は、湖面に映った風景と相まって幻想的で引き込まれる。
  • 弘前に行った際には津軽ラーメンを食べるのがオススメ。
  • 秋田犬の里大館市まで足を伸ばしてみると可愛い秋田犬とふれあえるかも。

したっけまたねー