【最強の床屋】10分の身だしなみ QB HOUSEに行ってみた

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

このブログでは、家計のコストパフォーマンスを追求し、自分の限られた資産の最も効率的な使い方が出来る様、優良な各種サービス、アプリ等を紹介しています。

今まではFintech関連やアプリ関連、SIMフリーへの移行に関する記事を書いてきましたが、今回は少し変わって美容室(床屋)に関しての投稿です。

僕の中では今やQB HOUSEは短時間でクオリティの高い散髪を提供してくれる最強の床屋になっていますが、何故僕がそう思うに至ったのか、実際にどんな利点があるのか、今日はそれらをご説明していきたいと思います。

髪を切るのに5,000円?

僕は今まで何年間も渋谷のちゃんとした美容室で髪を切ってきました。

何か理由があったわけではなく、上京して最初の頃に行った美容室の美容師さんと知り合いだったので、何となく通い続けていました。慣れって恐ろしいですね。

でもある時気付いたんです。美容室は男性がカットだけで行く様な店では無いと。店が混雑してくるとカットだけの客はなるべく早く捌かれます。

自分の番が来るまで待ったあげく、いざ順番が来ると工場の流れ作業の様に手早く終わらせられた時、過去通い続けていた事を踏まえても、そのサービスに対して5,000円は払いすぎだと強く思いました。

10分で1,080円の『身だしなみ』

そんな時、口コミで評判が良いと聞いたのがQB HOUSEです。

僕はQB HOUSEを知る遙か昔、駅ナカのごった返す場所にある床屋を見た時、芋洗い場みたいな場所で多くの人が一度に髪を切っているのを見て「あんな場所にだけはどんなおっさんになっても行きたくない」そう思っていました。

僕がプライドの無いオジサンになったからかも知れませんが、知人の評判が良かったので興味が湧いてきて、試しに行ってみることにしたのです。

家の近くの割と綺麗なオフィスビルに入っているQB HOUSEに足を運び、自動販売機で恐る恐る1,080円のチケットを購入しました。

安かろう悪かろうなのか

『どの人に当たるんだろうか』少し緊張しながら店内で自分の番を待ちました。

3番目だったので少し時間がかかるかと思いきや、本当に皆10分で終わるので直ぐに自分の番になりました。

最初にコートを預けると『どのくらい切りますか?』と聞かれました。

これまでは『いつも通りで』と何年も繰り返してきたので、どう説明するかが悩み所でしたが、1ヶ月に髪は1cm伸びるとのことで『2cm位切って下さい』と頼んだところ、爽やかに了解ですと言って頂きいよいよ開始。

髪を切ってもらう手つきは軽快そのもの、というのもQB HOUSEの美容師さんは普通の美容室の美容師さんとは比べものにならないくらい毎日髪を切っていますので、かなりの技量をお持ちです。

安かろう悪かろうでは全くなく、むしろ髪を切る技術が高いことに驚きました。

会話は任意で

これは人によると思いますが、僕は美容室で会話を楽しむ事があまり好きでは無いタイプでした。

勿論楽しいときもありますが、何となく気を使ってしまって話題を探すのに疲れてしまう感じです。残念ですがこればかりは性格なのでどうしようもありません。

QB HOUSEは一度だけ空いているときに美容師さんと楽しく会話したことがありますが、基本的に後は必要最低限の会話のみ

美容室では会話するのが当たり前だとしたら、QB HOUSEは会話しないのが当たり前です。この前提を皆暗黙で分かっているので、非常に気楽でした。

髪を切った後は掃除機で吸う

知らないで行くとかなり衝撃ですが、普通の美容室では髪切った後に水で流して乾かしてくれますよね。でもQB HOUSEでは特殊なアタッチメントが付いた掃除機で吸うんです。笑

でもこれでかなり綺麗に切った後の髪が取れるのでグッドアイディアだなと思いました。

最後に仕上がりを確認して終了。本当に10分くらいで終わりました。

思わず『素晴らしい』と独りごちて初回は帰りました。

予約は不要、混雑状況はアプリから

QB HOUSEは予約が不要ですので、気が向いたときにふらっと行けば直ぐに髪を切ってもらえます。美容室は人気の所だと中々予約も取れず自分の予定が制約されてしまいますよね。

また、混雑状況はインターネット経由で分かります。少し遅れがある情報の様ですが、何人待ちかという概算が一目瞭然です。以下の写真は一例です。

また、店の前の看板にも信号の様にライトが付いており、赤、青、黄の三色で現在の混雑状況を示していますので、遠目からでも混んでいるかどうかが明快です。

しかも一人10分で、場所によりますが一度に何人かの美容師さんがいますので、たとえ混んでいても直ぐに自分の番は回ってきます。

美容室の価値は別の所にある

僕の様なカットしかせず別に美容室で会話を楽しもうとは思っていない人間にはQB HOUSEが是非オススメですが、美容室自体の価値は僕は別の所にあると思っています。

  • カット以外にトリートメントやカラーをする方々
  • ヘッドスパ等の追加のサービスを楽しみに行く方々。
  • 癒やしの時間として会話も含めた体験を楽しみに行く方々

この様な方々にとっては美容室は単なる髪を切ってもらう場所では無く、その経験をQB HOUSEでは提供することは出来ません。

美容室も経営としてはそういう『経験』を提供する場所に移って行くでしょうし、そこに行き続ける人は少なからずいらっしゃると思っています。

大切なのは自分が支払う金額に見合った価値を得られるのか、という事ですね。

更なるエクストリーマーには

僕は過去アフリカに駐在していたことがあるのですが、その際周りに床屋があまりなく、自分で髪を数年間切っていました。

QB HOUSEの様なサービスがあれば敢えて自分で切る必要は無いかも知れませんが、エクストリーマーの為に、ご紹介しておきます。

【Panasonic製バリカン ER-GF80-S】

パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GF80-S
「耳まわりカット」も「毛くずお手入れ」もラクラク◆耳まわりを誰でも簡単にカット「耳まわり&ナチュラルアタッチメント※1」難しかった耳まわりをラクラク&ナチュラルカット。髪をかきあげるだけで自然で軽いボリューム感に。◆スライドアタッチメントアタッチメントをスライドさせて長さを選ぶだけで思い通りのヘアースタイルに。20‾4...

「バリカン」と聞くと坊主頭にするわけでは無いと言われる方も多いかと思いますが、今のバリカンにはアタッチメントと呼ばれる付属品が幾つか付いており、マニュアルに従って、前髪を切るときはこのアタッチメント、髪を梳くときはこれ、と言った様にやっていけばそれなりの仕上がりを得ることが出来ます。

このバリカン自体は5,000円以下で購入可能ですので、コスパという観点ではオススメです。

但し、僕の中ではQB HOUSEであれだけのクオリティの散髪をしてくれるのであればそっちに行った方が良いとは思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。10分の身だしなみQB HOUSE、是非一度は試してみて下さいね!

したっけまたねー