【完全版】革靴のお手入れ方法を初心者向けに徹底解説

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

男性の皆さん、革靴を履いた後ににしっかりメンテナンスしていますか。革靴はしっかりお手入れして履くと驚くほど長持ちします。

学生ならまだしも大人になってもしっかり靴磨きも出来ない様では恥ずかしいですよね。しっかり靴磨きできると周りからも一目置かれますし、何より自分が靴を履いていて気持ちが良いです。

靴磨きの方法ってマニアックなものから簡単すぎるものまで色々あって何が正解なのか本当に分かりにくいですが、最小限の努力で最大限の利益を得る、Osso風の靴磨き方について今日は解説していこうと思います。

汚い靴を履いていると「足元」を見られる

『人の足元を見る』とは、過去馬車屋さんが旅人の疲れ具合をその人の履き物から見取って、疲れている客には高値をふっかける事から出来たことわざです。

現代も基本は同じだと思っていて、ビジネスマンの足元を見ると面白いほどにその人の性格が表れます。余裕があり細部までキッチリ仕事をする人の足元は整っており、仕事が雑な人ほど靴も汚れています。

履いている靴の値段は関係ありません。高い靴を汚くはきつぶすくらいだったらそこそこの靴を綺麗に履いていた方がよっぽど好印象だと思う位、靴のメンテナンスをしっかり行うことは大切です。

『お洒落は足元から』とも言いますが、お洒落になる以前の話として清潔でなくてはなりませんよね。

靴は最低3足で回す

1週間5日勤務の人は(初期投資がかさんでも)最低3足をローテーションで回していくことが、長い目で見れば靴が長持ちするため、結果的にお得になります。

雨が降った翌日に、履いた靴を乾かさずにまた履く様な事は絶対にしてはいけません。

天気がたとえよかったとしても足は毎日大量の汗をかくため靴はその汗を吸収してしまっており、それをしっかりと乾かさずに履くとすぐに革靴は傷んでしまいます。

靴が3足あれば1度履いた靴は中2日休ませることが出来る為、その間に靴の内側・外側を乾かすことが出来て衛生的です。

理想は5足で回すことですが、そうはいってもお金が一気にかかりすぎるので先ずは3足を目指しましょう。

シューキーパーを使う

革靴を履いて帰ってきて玄関にそのまま履き捨てていませんか?

僕もたまにやってしまいますが、帰ってきて直ぐに、または1日程度乾かしてから、キチンと木製のシューキーパーを入れて靴の形を整えましょう。

プラスチック製のシューキーパーもありますが、先程説明したとおり1日履いて靴の中は汗で湿っており、木製の吸水性に優れたシューキーパーがオススメです。

僕はコロニル社製のシダーウッドで出来たシューキーパーを使っています。少々高いですが、これも靴を長持ちさせるためですし、長い目で見れば必ず元が取れます。

Amazon | [コロニル] コロニル アロマティックシダーシュートゥリー CN044007 | シューキーパー
Amazon公式サイト| コロニル アロマティックシダーシュートゥリー CN044007を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。シューキーパーをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

靴べらを持ち歩く

「小上がりで食事をして帰るときに靴べらが無い」そんな事、たまにありますよね。

その時に無理矢理靴を履こうとすると、靴のかかとの部分が傷んでしまいます。折角大事にお手入れしてもかかとが潰れてしまっていては台無しです。

そんなときに靴べらを持ち歩いていればスッとスマートに履くことが出来て、靴も傷まず非常に良いですよね。

靴べらを持ち歩くといってもあの細長い靴べらを常に持ち歩くわけには行きませんので、僕はキーホルダー型の靴べらを持ち歩いています。値段も4,000円と非常にリーズナブルですしオススメです。

Amazon | 新喜皮革社製コードバン使用 靴べら付キーホルダー (チョコ) | キーホルダー・チェーン
Amazon公式サイト| 新喜皮革社製コードバン使用 靴べら付キーホルダー (チョコ)を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。キーホルダー・チェーンをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

靴の磨き方

さて、ここからいよいよ靴の磨き方を解説していきます。

「靴磨き」は1度やってしまえば全く難しくなく、構える必要はありません。必要な時間も1足に5分程度です。僕はいつもパソコンを玄関に持ち込んで映画を見ながら靴磨きをしています。

1週間に1度(休みの日)にこのプロセスで一通りお手入れをしておけば、革靴が驚くほど長持ちすること間違いありません。

靴紐をほどいて消臭

まず靴紐をほどいて、入っていたシューキーパーを取り出し、消臭スプレーをかけ、少し乾かしてからシューキーパーを戻します。(靴紐はほどいたまま靴の中に入れておきます)

消臭スプレーは普段使っているもので構いませんが、僕はドクターショールを愛用しています。

Amazon | ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香料 | Dr.Scholl(ドクターショール) | スプレー
ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香料がスプレーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

靴に付いた汚れを馬毛ブラシで落とす

先ず靴磨きに入る前に、靴に付いた土等の汚れを落とす必要があります。

ブラシを使って靴全体をブラッシングしますが、ここで比較的柔らかい馬毛ブラシを使うことで細かいホコリ等も取り除くことが出来ます。

僕はR&D社のブラシを使っています。

Amazon | [エムモゥブレィ] M.MOWBRAY ブラシ プロホースブラシ 7030 ブラウン フリー | M.MOWBRAY(M.モゥブレィ) | ブラシ
M.MOWBRAY ブラシ プロホースブラシ 7030 ブラウン フリーがブラシストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ステインリムーバーを使って古いクリームや汚れを落とす

次にステインリムーバーを使って古いクリームや汚れ等を落とします。クリームがお化粧だとすると先週したお化粧落を落とすイメージです。

僕はM.MOWBRAY製のステインリムーバーを古い綿Tシャツに少し付けて、それで靴をこすり汚れを落としています。専用のクロス(布)を使う人もいるでしょうが、あまり違いを感じないのでどうせ捨てるはずだった古いTシャツをここで活用しています。

Amazon | (エム.モゥブレィ) M.MOWBRAY ステインリムーバー300 靴磨き 靴ケア用品 メンテナンス 〔FL〕 | キット
Amazon公式サイト| (エム.モゥブレィ) M.MOWBRAY ステインリムーバー300 靴磨き 靴ケア用品 メンテナンス 〔FL〕を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。キットをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

クリームを靴に塗る

次にクリームを靴に塗っていきますが、まず、ペネトレートブラシで瓶に入ったクリームを取り出して靴に部分的に塗ります。

そして、それを固めの豚毛または化繊毛のブラシで靴全体に引き延ばして浸透させていきます。僕はこちらもR&D社のブラシを使っています。

尚、色の付いたクリームを使って靴の皮の色味の変化を楽しむ人もいますが、そこまで初めから無理にやろうとせず、最初は無色用のクリーム(以下リンク先のもの)を使ってみれば良いと思います。

僕が使っているペネトレートブラシはこちら

Amazon | [エム・モゥブレィ]クリーム塗布用ブラシ ペネトレィトブラシ 7012 | ブラシ
Amazon公式サイト| クリーム塗布用ブラシ ペネトレィトブラシ 7012を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。ブラシをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

クリームはこちら

Amazon.co.jp: [エムモゥブレィ] M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241 (ブラック): シューズ&バッグ
Amazon.co.jp: M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241 (ブラック): シューズ&バッグ

化繊毛ブラシはこちら

Amazon | [アールアンドデー] ブラシ プロブラシ 703131 WH ホワイト フリー | M.MOWBRAY(M.モゥブレィ) | シューケア・シューアクセサリー
ブラシ プロブラシ 703131 WH ホワイト フリーがシューケア・シューアクセサリーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ポリッシングコットンで磨けば完成

最後にポリッシングコットンで磨けば完成です。靴に光沢が出て見違えるようになったのでは無いでしょうか?

Amazon | [エムモゥブレィ] M.MOWBRAY クロス ポリッシングコットン 9022 (マルチカラーフリー) | ブラシ
Amazon公式サイト| M.MOWBRAY クロス ポリッシングコットン 9022 (マルチカラーフリー)を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。ブラシをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

忙しい朝の手入れの仕方

週末に靴をぴかぴかに磨いてもローテーションが3足だと、木曜日には同じ靴の2回目を履くことになります。

その際週末と同じように靴を磨くことは、忙しい朝には流石に出来ないので簡単に以下の2ステップで手入れをすると良いでしょう。

  1.  馬毛ブラシで汚れを落とす
  2.  グローブクロスで仕上げる

僕が使っているグローブクロスは以下の通りですが、手を汚さずに靴に光沢を出すことが出来て重宝しています。

Amazon | [アールアンドデー] R&D クロス グローブクロス 91382 (ブラウンフリー) | ブラシ
Amazon公式サイト| R&D クロス グローブクロス 91382 (ブラウンフリー)を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。ブラシをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

最後に

いかがだったでしょうか?

僕は社会人になった後数年間、靴の磨き方が全く分からず苦労しました。ネットで調べてもよく分からない単語だらけで「結局どれを買ったら良いのか教えてくれ!」と思っていたので、今回は自分が使用している商品のAmazonリンク先を記載しておきました。

初心者&面倒な方はこれらの商品を一通り買って、書いてあるとおりにすれば靴が綺麗に保てるので、騙されたと思って試してみてくださいね。

 

靴を磨くのは(当たり前ですが)革靴を綺麗履く為にしている訳ですが、自分が明日から仕事で履く靴を磨いていると、同時に明日からの仕事のモチベーションが上がってきます

たとえ明日から「辛いな」と思うような仕事があったとしても、靴磨きをすることでそれに立ち向かう準備を1つしたような気がするのです。

自分で靴を磨き始めてから『デキるサラリーマンは靴を磨く』というビジネス書もあながち間違えでは無いのでは無いかという気もしました。

綺麗な革靴を履いて足元から出来る大人になりましょう。

それではまた。