【徹底比較】To Me Card Primeからゴールドカードに変更したら得した話

この記事を他の人にもお裾分けしましょう!

Photo by Unsplash

「無料で還元率の良いカードが沢山あるのに、クレジットカードの年会費に1万円も支払うなんて馬鹿げてる」僕はずっとそう考えていました。

PASMOへのオートチャージ用のクレジットカードも「メインのカードにするわけでも無いのに1万円の年会費を回収出来るわけ無い」と感覚で決めつけていましたが、今回改めてExcelを使って計算をしてみたところ、自分の生活パターンでは年会費を支払ってでもゴールドカードにするのが一番お得だという結論に至りました。

今回はTo Me CardのPrimeとゴールドを具体的な生活パターンを使って徹底比較したいと思います。

尚、ゴールドにするかはさておき、To Me Card自体は東京メトロ利用によるポイント還元率が非常に高く、東京メトロユーザーのオートチャージPASMO用のサブカードとして非常にオススメのカードですので、まだ持っていない方は是非検討してみてください。

まだオートチャージにしてないの?東京メトロユーザーならTo Me Card一択
オートチャージ機能付きの乗車カードは都会人の必須アイテムです。To Me Cardは高いポイント還元率を誇り、定期とも統合出来る為、全ての東京メトロユーザーにオススメのカードと言えます。この記事ではそのメリットを分かりやすく説明します。
スポンサーリンク
rectangle1




To Me Cardには3種類ある

To Me Cardシリーズには大きく分けて3種類のカードがあります。

  • To Me Card Primeカード
  • To Me Card ゴールドカード
  • To Me Card ソラチカカード

To Me Cardの最大の特徴はメトロポイントとクレジットカードのポイントを両方貯められる事です。(但し、メトロポイントの方が圧倒的に大きい)

若干分かりにくいですが、東京メトロの電車利用やPASMOの電子マネー利用等PASMOを使用する場面で貯まるのがメトロポイント、PASMOのオートチャージやその他クレジットカードとして使用した場合に貯まるポイントがクレジットカードポイントとご理解ください。

ANAマイラーの方にはソラチカカードがオススメですが、今回はマイルではなく純粋にメトロポイントの還元率だけで考え、Primeカードとゴールドカードのみを取り上げて比較します。

年会費 家族

会員

乗車ポイント

(メトロポイント)

電子マネー利用ポイント

(メトロポイント)

クレカ

ポイント

Prime 2,000円 1,000円 平日10ポイント

週末20ポイント

 自販機:1%

店舗:0.5%

0.5%
ゴールド 10,000円  無料 平日20ポイント

週末40ポイント

自販機:2%

店舗:1%

0.5%

To Me Card Primeを持つメリット

僕の生活パターンでは通勤定期は持たない方がお得、という結論に前回の記事で至ったので僕は定期を持っていません。

【定期買うの止めました】定期券を買う・買わないの境界線を徹底分析
盲目的に通勤定期を購入していませんか?実は週に1度でも定期区間外から帰宅する人は通勤定期を買わない方がお得になる可能性が高いです。今回は具体例を挙げながら通勤定期を購入すべきか、すべきで無いかという問いに答えます。

定期を持たない前提でTo Me Card Primeを使うメリットを以下の通り試算しました。

結果、年間で約11,000円のメトロポイントと約1,200円のクレジットカードポイントの還元を得られ、年会費の3,240円を差し引いても、普通のPASMOを使用するより年間約9,000円お得だという事が分かりました。

前提条件

上の分析は以下の前提(僕の生活パターンを比較的保守的に見積もったもの)を元に計算しています。

  • 平日5日間往復で10回分、これに妻の移動分を合わせて1週間に2人で14回東京メトロの電車に乗る前提です。(実際には客先に行ったり飲み会に行ったりするのでもっと多いと思います)
  • 昼食やコンビニでの買い物の時に電子マネーで決済する事がたまにあるので、1週間に2,000円の電子マネー利用をする前提としました。

「これは最低限超えられるだろう」という前提で、かなり保守的に見ていますので、To Me Card Primeを持つことで最低年間約9,000円のメリットがあることは間違いなさそうです。

Prime vs ゴールド | どっちがお得?? Excelで計算

To Me Card Primeは持った方が良いという結論に至った上で、ゴールドカードにする必要があるのかどうかを先程と全く同じ前提条件で試算します。

尚、ゴールドカードはブランドによって微妙に条件が異なりますが、ここでは最もお得と思われるNicosブランドのものと比較しています(クレジットカードポイントの還元率が他のブランドよりも高い)。

Primeカードとゴールドカード差をおさらいすると以下の通りです。

  • Primeカードの方が年会費が7,000円安い(3,000円vs10,000円)
  • ゴールド会員は家族会員が無料
  • ゴールド会員は乗車ポイントと電子マネーの利用時のポイント還元率が2倍
  • ゴールド会員はクレジットカードのポイント還元率が1.2倍

結論としては、Primeカードを使用するよりもゴールドカードを持った方が、年間約3,700円お得という事になりました。

更に、先程書いたとおりこれはかなり保守的な前提を置いて計算していますが、乗車回数が増えれば増えるほどゴールドカードを持っていた方が良い計算になるので、最低年3,700円はお得になると言って良いでしょう。

つまり、先程の数値と合わせて、ゴールドカードを作成することでクレジットカードの年会費を差し引いても年間12,700円程度のメリットがあると言えそうです。

付帯保険等・ラウンジ使用権のメリットもあり

Primeカードは基本的に(リボ払いを登録していない限り)付帯保険が付きませんが、ゴールドカード(Nicos)では以下の付帯保険やラウンジの使用権が付きますので、年間単純に3,700円得する上に、更に保険まで付いて来るということになります。

ここまで来ると絶対にゴールドカードにした方が良いですよね。

  • 海外・国内旅行傷害補償保険: 最高5,000万円
  • ショッピング保険: 年間最高300万円(90日間)
  • ラウンジ: 国内28空港とホノルル空港で使用可

また、些細な点ですがクレジットカードのポイント有効期限も2年から3年に増えています。

PASMO店舗利用のポイント還元率は1.6%とREXカード超

通常のクレジットカードとして使用した場合はPasmoゴールドカードでもポイント還元率0.6%と僕がメインで使用しているREXカードの1.5%には遠く及びません。

しかし、ゴールドカードはPASMOの店舗利用の際のポイント還元率が1.6%(メトロポイント1%+クレジットカードポイント1.6%)ということで、コンビニ等PASMOが使用出来る場所ではREXカードではなくPASMOで支払うのがお得、という計算になります。

僕はこれだけのために新しいカードを作るというのは割に合わない(面倒なので出来るだけREXカードに集約する方針)ですが、オートチャージPASMO用にいずれにせよこのカードは作って毎日持ち歩くことになるので、これからはPASMO支払が出来る場所ではPASMOゴールドカードを優先します。

そもそもPASMO支払の方がパスワード入力や署名も不要で決済までの時間が早いですしね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事をまとめると以下の様になります。

  • To Me Card Primeを契約すると年間9,000円お得になる
  • To Me Card Pasmo ゴールドを契約すると(僕の乗車パターンでは)更に3,700円以上(合計12,700円以上)お得になる
  • 付帯保険・ラウンジ使用権も付いており、ポイント以外の条件面でもゴールドカードの方がメリットあり
  • To Me Card Pasmo ゴールドでは店舗でのPasmo支払時のポイント還元率が1.6%とメインREXカードカード超え

今回の試算は1つのケースとして参考にして頂けると思いますが、厳密にはお得になる条件はそれぞれの生活パターンによって変わってきますので、是非皆さんもそれぞれの条件によって計算してみることをオススメします。

これまでの僕の様に、計算せずに「1万の年会費なんて取り返せない」と思い込んでいては損するばかりですよ。

したっけまたねー