Twitterのセキュリティを強化してみた | 2段階認証を導入

Photo by Unsplash

皆さんこんにちは、Kentaroです。

先日Facebook乗っ取り事件から各種アカウントのセキュリティ向上に熱心に取り組んでいます。

スマホ指紋認証を使って手軽にGoogleのセキュリティを強化してみた
Photo by Unsplash 皆さんこんにちは、Kentaroです。 先日僕のFacebookアカウントが乗っ取りの被害に遭い、その後セキュリティに対する意識が一気に高まりました。 これを良い機会に自分が使う...
Google認証システムを使ってAmazonのセキュリティを強化してみた
Photo by Unsplash 皆さんこんにちは、Kentaroです。 先日Facebook乗っ取り事件から各種アカウントのセキュリティ向上に熱心に取り組んでいます。 前回のスマホ指紋認証によるGoogleアカ...

Google、Amazonに引き続き、今回はTwitterでも2段階認証を導入し、セキュリティを強化していきたいと思います。

なぜ2段階認証が必要なのか

通常のパスワードの使用だけではそのパスワードが漏洩したり、ハッキングされてしまえば簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。

一方、2段階認証で携帯電話のSMS認証等を設定しておけば、万が一パスワードが盗まれてしまっても、同時に携帯電話も盗み、携帯電話のロック解除の方法も知らなければなりません。

不正アクセスは海外から試みられることが多く、これら全ての条件を満たして2段階認証を突破することは事実上不可能と言えるでしょう。

簡単に設定出来て、アカウント乗っ取りへの有効な対策となりますので、是非2段階認証を設定しましょう!

Twitterでの2段階認証設定

ここからはTwitterのアプリ(iOS)を使用した2段階認証の設定方法を解説していきます。

まずTwitterのプロフィールタブから設定ボタンをタップします。

『設定とプライバシー』をタップ

『プライバシーとセキュリティ』をタップ

『セキュリティ』をタップ

『ログイン認証』をオンにします

『確認』ボタンをタップ

ログイン認証の説明です。読んで『はじめる』をタップします。

パスワードを入力して、『認証する』をタップ

『コードを送信』をタップ

登録した電話番号にSMSでコードが送られて来ますので、その番号を入力し『送信』をタップ

バックアップコードは安全な場所に保管

お疲れ様でした。ここまでで2段階認証が有効となり、次回のログインからはスマホに送られてくるSMS経由のコードの認証無しにはログインすることが出来なくなりました。アカウント乗っ取りへの不安は大幅に低減です!

最後に以下の様な画面でバックアップコードが表示されますので、これを大事に取っておきましょう。

今の設定だとスマホ自体を落としてしまった際、Twitterにもログイン出来なくなってしまいます。その様な場合に一度だけ使えるパスワードが『バックアップコード』として発行出来ます。

設定完了後に表示される番号(以下の画像のモザイク部分)をメモするなり、スクリーンショットを取ってGmailに送っておくなりして万が一に備えましょう。

電話番号の登録方法

2段階認証を設定するために電話番号登録は必須となっています。

電話番号を登録されていない方は、事前に『設定とプライバシー』の『アカウント』から設定しておきましょう。

プライバシー設定にご注意

Twitterは実名でやっていない人もいると思いますので、登録した自分の電話番号で検索されたくないのであれば、必ず以下の設定をしましょう

『設定とプライバシー』の『プライバシーとセキュリティ』から以下の画面に進み、『電話番号との照合と通知を許可する』をオフにすればOKです。

因みに、その1つ上にある『メールアドレスの照合と通知を許可する』をオフにすれば、Emailアドレスからの検索も不可能に設定する事が出来ます。

まとめ

さていかがだったでしょうか。

今回の記事を纏めると、

  • Twitterのセキュリティ強化にも2段階認証が必須
  • 但し2段階認証はSMSしか選べないので電話番号の登録が必須となる
  • 電話番号を登録した際、電話番号からアカウントを特定されたくないのであればプライバシーの設定が必須

という事でした。

皆さんもTwitterのセキュリティを強化してアカウント乗っ取り対策をしてくださいね。

したっけまたねー。